チョベ国立公園, ボツワナ


 41年前に,サンフランシスコの病院で働く為に、初めて外国へ出かけた時、

「もし出来たら、アフリカの自然動物園へ行ってみたい。」と思っていました。

今頃になって、やっと望みがかなえられました。

本当は、ケニアへ行く予定でしたが、予約したツアーが次々と取りやめになり、結局ボツワナへ行くことになりました。

でも、とっても良かったです。

いい冥土の土産になりました。

丁度、乾季になって周辺の水場が枯れてしまい、動物たちが水を求めて、チョベ川のところへ集まってきます。

だから、動物を求めて遠くまで走る必要は無く、車で川辺を走っていれば、動物が集まってきます。

象の多さはアフリカ一だそうです。

キリンも数多く生息し、というより、毎日自宅から通勤してくるのだそうです。

バッファローが500万頭も集まると壮観です。

十頭ほどの縞馬の群れに2グループも会えるなんて「信じられないほど幸せなこと」。ここに20回来たガイド曰く。

今回の旅行で、いったい何頭の動物と何羽の鳥を見たのかアルバムで数えてみたいと思います。

鰐などの爬虫類もかなりの数生息しているようです。

鰐の走るのが速いのにぞっとしました。 こわーい!!!

その中で、とっても格好いいのだけ、ちょっと写真でご紹介しましょう。



キリンは一番背の高い哺乳動物。
5メートルを越す立派な美しい動物です。
動物園で見るよりとても綺麗な毛皮。
良く見ると、やさしい顔をしています。




インパラは群れを成して暮らしています。
肉食動物の餌になる可哀相な草食動物です。
立派な角を持ち、なかなか格好いい姿をしいます。




象さんの家族は仲良しです。
皆で小象を護ります。
後から歩いているのがお母さんかな?




水場に集まる縞馬
こんなに沢山の縞馬が見られるなんて、珍しいことですって。
縞馬の写真を一枚撮れただけで、とっても幸せです。




河馬さんも子供を大事にしています。
僕たちも皆で子供たちを大切に護りましょう。




くどぅー
立派な角をもった強そうな鹿ですね
でも、草食動物だからおとなしいようです。
遠くから、望遠レンズでやっと撮影しました。




きはしこう 黄嘴鴻
つまり、嘴の黄色いこうのとりです。
日本の丹頂と似ていますね。




アフリカヘラサギ
とても珍しい鳥だそうです。
遠くから写して、ちょっと無理に拡大しました。




荒野に沈む太陽
筆舌に尽くしがたい光景です。




フラミンゴの大群
チョベ国立公園へ行く途中で、走っている列車から写しました。
手前のピンクの塊が全部フラミンゴですよ。
これでも、無数のフラミンゴの群れの極く一部に過ぎません。




巨大な鰐はさすがに迫力満点。
目の前で、右の方へ走るのを見てしまいました。
あれがこっちへ向かってきたら、たいへーん。
小舟の一番前に乗っていた夫婦がビビッてました。

趣味の頁へ戻る




白石整形外科トップページへ戻る