悠久のエジプト
アフリカ北東部に位置し、南北千キロ東西千二百キロ。千五百キロにわたってナイル川が流れる。川の恩恵が及ぶ緑地帯が国土の4%。他は砂漠。古代エジプトの建造物は日干し煉瓦、木、草でできていたため、神殿、住宅ともに現存しない。四千五百年前、古王国第四王朝時代のピラミッドは今も堂々と立っている。どうやってあんな大きなものを造ったのか疑問は尽きない。雨期にナイル川がピラミッドのそばまで来るので、筏か船で運び、その後レンガで造った斜面を使って引き揚げたらしいが、労働者の苦労は大変なものだったし、事故続出だったろう。私たちの短期旅行で訪れたのは南部のアスワン近辺と北部地中海に近いカイロのみで、まさにのぞき見に行ったようなものだ。東京からエジプト航空の直行便でカイロまで8時間。そこから空路3時間かかり、やっとアスワンに辿り着いた。
ナイル川の帆船ファルーカ
アブシンベル大神殿
20Mの巨大なラムセス二世の石像が並ぶ。
左が若いころの王。右が円熟期の大王。
ムセス二世の右下に立っているのがネフェルタリ(美人という意味だそうです)。
王のハーレムを上手にコントロールしていた第一夫人。
とても賢い人で45歳で他界するまで私生活だけでなく、公務でも王を助けました。
女神たちに捧げものをする王(右)
女神たちが右手に持っている永遠の命を授かる鍵を欲しい。
ハトシェプスト女王の葬祭殿
三層になった巨大な建物。
男装した女王の石像が並んでいます。
王家の墓の内部
四千年前の色が褪せずにのこっています。
退色を防ぐ為に暗くしてあるので、ストロボなしで撮りました。
ファインダーを見ずに、手持ちで1秒かけて、やっと写りました。
ルクソール神殿の列柱
照明と月で奇麗でした。
ルクソール神殿 第一塔門
もう一本のオベリスク(尖塔)は、
何故か、パリのコンコルド広場に立っています。
月と共に三千三百年
ラムセス大王の巨大な石像。
よくも五千年も前のものが残っているね、さすが石造り。
ナポレオン軍が射撃練習で顔を撃ったというのは本当かな?
砂漠のタクシー
乗り心地は良くないし、高い高い。
ベールの美人たち
青空市場で。
大量のパンをオープンのままで運んでいます。
落としちゃったら、大変だね。
もしかすると、昼御飯に僕が食べたパンも・・・。
何を測っているの? 貴金属かな?
青空市場を散歩中に見た店。


趣味の頁へ戻る




白石整形外科トップページへ戻る