稲むらの火(尋常小學校國語讀本より)


これはただ事でない。“とつぶやきながら、 “火事だ。庄屋さんの家だ。”と、村の若
五兵衛は家から出て來た。今の地震は、別に い者は、急いで山手へかけ出した。續いて、
烈しいといふ程のものではなかった。しかし、 老人も、女も、子供も、若者の後を追ふやう
長いゆったりとしたゆれ方と、うなるような にかけ出した。
地鳴りとは、老いた五兵衛に、今まで経験し 高臺から見下している五兵衛の目には、そ
たことのない不気味なものであった。 れが蟻の歩みのやうに、もどかしく思はれた。
五兵衛は、自分の家の庭から、心配げに下 やっと二十人程の若者が、かけ上がって來た。
の村を見下ろした。村では、豐年を祝ふよひ 彼等は、すぐ火を消しにかからうとする。五
祭の支度に心を取られて、さっきの地震には 兵衛は大聲に言った。“うっちゃっておけ。
一向氣がつかないもののやうである。 −−大變だ。村中の人に來てもらふんだ。”
村から海へ移した五兵衛の目は、忽ちそこ 村中の人は、追々集まって來た。五兵衛は、
に吸附けられてしまった。風とは反對に波が 後から後から上って來る老若男女を一人一
沖へ沖へと動いて、見る見る海岸には,廣い 数へた。集まって來た人々は、もえている
砂原や黒い岩底が現れて來た。 むらと五兵衛の顔とを、代る代る見くらべた。
“大變だ。津波がやって來るに違ひない。” 其の時、五兵衛は力一ぱいの聲で叫んだ。
と、五兵衛は思った。此のままにしておいた  “見ろ。やって來たぞ。”
ら、四百の命が、村もろ共一のみにやられて たそがれの薄明かりをすかして、五兵衛の
しまふ。もう一刻も猶豫は出來ない。 指さす方を一同は見た。遠く海の端に細い、
“よし。”と叫んで、家にかけ込んだ五兵 暗い、一筋の線が見えた。其の線は見る見る
衛は、大きな松明を持って飛出して來た。そ 太くなった。廣くなった。非常な速さで押し
こには、取入れるばかりになっているたくさ 寄せて來た。
んの稲束が積んである。 “津波だ。”と、誰かが叫んだ。海水が、
“もったいないが、これで村中の命が救へ 絶壁のやうに目の前に迫ったと思ふと、山が
るのだ。”と、五兵衛は、いきなり其の稲む のしかかって來たやうな重さと、百雷の一時
らの一つに火を移した。風にあふられて、火 に落ちたやうなとどろきとを以て、陸にぶつ
の手がぱっと上った。一つ又一つ、五兵衛は かった。人々は、我を忘れて後へ飛びのいた。
夢中で走った。かうして、自分の田のすべて 雲のやうに山手へ突進して來た水煙の外は、
の稲むらに火をつけてしまふと、松明を捨て 一時何物も見えなかった。
た。まるで失神したやうに、彼はそこに突立 人々は、自分等の村の上を荒れ狂って通る
ったまま、沖の方を眺めてゐた。 白い恐ろしい海を見た。二度三度、村の上を
日はすでに没して、あたりがだんだん薄暗 海は進み又退いた。
くなって來た。稲むらの火は天をこがした。 高臺では、しばらく何の話し聲もなかった。
山寺では、この火を見て早鐘をつき出した。 一同は、波にゑぐり取られてあとかたもなく
   なった村を、ただあきれて見下してゐた。
稲むらの火は、風にあふられて又もえ上り、
夕やみに包まれたあたりを明かるくした。始
めて我にかへった村人は、此の火によって救
われたのだと氣がつくと、無言のまま五兵衛
の前にひざまづいてしまった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・




※ 挿絵は 旧文部省 「小學國語讀本」 巻十 尋常科用 復刻本 55頁より転載




以上は尋常小學校國語讀本巻十に載って を創り、東京大学医学部の前身であった江戸
いた物語をできるだけ忠実にワープロで写 の西洋医学研究所の消失の時には700両
ました。昔の仮名遣いだし、句読点の使い 寄付して再建を助けたということです。政
も現代と違うので、読みにくいところも可 家としても初代駅逓頭(郵政大臣)に就任し、
りあり、申し訳ありません。最初のところ 近代郵便制度の創設に貢献しました。
読むと、津波の発生しやすい地震の特徴を 真に残念なことに、この教科書は10年間
く表現していると思いませんか? しか使われずに、1947年に六三三制教育
原作は明治の作家小泉八雲氏(元Lafcadio 制度開始と共に消えました。当院の患者さん
Hearn)が“仏陀の国の落穂拾い”という短 の一人が丁度その頃教壇に立っており、貴重
編集の中で、“A Living God(生き神)”とし 教科書を貸してくれました。
この話を紹介しました。訊くところによる インド洋の国々は津波の知識が無く、誰か
と、シンガポールのリー・シェンロン首相が がこれを知っていて、予知できれば、死者の
この物語を知っていて、スマトラ沖地震の被 九割以上が助かったと思います。実際にイン
災国支援首脳会議の折に小泉首相に話したそ ドネシアのウエ島では津波の知識があった
です。この原文(英語)を小学校教師であ に島民2万7千のうち12人の死者ですみま
た中井常蔵氏が意訳した物語“稲むらの火” した。そこで、こんな素晴らしい話を一人で
が小学校の国語読本に採用されました。 多くの人に知って貰いたいと筆を取りまし
1854年(安政元年)11月4日夕刻に た。子供たちに啓蒙運動或いは読み物として
発生した南海の大地震に際し、偶然紀州(和 紹介したい方がおられましたら、遠慮なくコ
歌山県)広村に戻っていた浜口梧陵氏(教科 ピーして利用して下さい。また、此の全文を
書では五兵衛となっています)が津波を予知 A4両面にまとめて、うちの診療所に用意し
し、自分の田圃に収穫されて積んであった稲 てあります。幸いにして、僕が40年間所属
束に火をつけて、村人に急を知らせ、400 しているスピーチのクラブToastmasters Club
人の命を救ったということです。 Internationalが世界的な組織なので、特に
浜口梧陵氏はヤマサ醤油7代目という実 ド洋周辺諸国のクラブに呼びかけてみる
業家で、私欲を捨てて、社会福祉、教育に力 予定です。皆様が興味を持って、ご協力頂け
を注ぎ、幕末のわが国の近代化に貢献した人 れば、幸いです。
物です。和歌山県に今も残る耐久高校の基礎 因みにこの話の英語版も用意してあります。
    


※ 旧文部省 「小學國語讀本」 巻十 尋常科用 復刻本 52・53頁より転載


白石整形外科 白石 悟


※ 参考文献 ヤマサ醤油(株)ホームページ「ヤマサの歴史」 History of Yamasa


趣味の頁へ戻る




白石整形外科トップページへ戻る