大雨の北岳へお花見に


北岳のお花畑は有名で、また貴重なものです。7月16,17日の連休にお花見に出かけました
富士山に次いで本邦第二の高峰、海抜3192メートル、はさすがに高くてちょっと大変でした。

甲府発4時のバスは広河原へ6時に到着。何と雨が降り出しました。おーやおや・・・ 
行こうか、帰ろうかと1時間考えた末、レインコートを着て、元気なく出発。
大樺沢に沿って、歩くこと3時間で、二俣に着く。ずっと雨。
北岳を代表する花の一つ、ミヤマハナシノブは雨に濡れてぐちゃぐちゃ。可哀そう。
ここでまた、ちょっと迷ったが、正面の雪渓を直登して八本歯のコルへのコースを選ぶ。
今年は雪が多くて、二俣からすぐにアイゼンをつけて歩けるから、こっちの方が楽だろう。
今まで殆どアイゼンをつけたことは無かったが、このところ都会でも足元があやしくなったから、
安全のためアイゼンを使うことにした。雪渓の上までは楽勝。
ところが、その先に岩場があって、梯子が数箇所あり、恐る恐るこれを登って、やっと八本歯のコルにたどり着く。
ここから、ちょっと右の方へ登りだしたら、何と見事なお花畑が広がった。来てよかったーー。
ミヤマオダマキ、ハクサンイチゲ、イワベンケイ、ミヤマダイコンソウ、ミネウスユキソウ、シコンタンソウ等等。
惜しむらくは、雨で霞んでいて、目ではっきりと見えないものが写真にはっきりと写るはずがない。
でも、せっかく来たのだから、レインコートと帽子で保護しながら、写真におさめる。
僕がとばされそうに強い風の中だから、上手に撮影できるはずがない。
ここから北岳山荘まで一時間余りは北岳の南面のまさに最高のお花畑を歩くことになる。
十個余りの梯子と木の橋みたいな危なっかしい通路を大風と大雨にやられながら歩く。
決して快適ではない。
大輪のシナノキンバイのお花畑が見渡す限り続く。
ここでチョウノスケソウを見つけたが、肝心の北岳草は発見できなかった。無念。
山荘の人の話では、「つい最近終わってしまったばかりだから、良く探すとみつかるかも。」

北岳山荘はしっかりした小屋。アルプス市営だが、意外と親切だった。
思いのほか空いていて、布団一枚に一人で寝せてくれた。この連休にハッピー。
受付のお姉さんは明るく、人懐っこくて、親切だった。
支配人みたいなおじさんもいろいろな情報を嫌がらずに教えてくれた。
ご飯はおいしくなく、顔を洗うところもなかったが、山の上だから我慢ということだった。

翌朝目が覚めたら、山荘ごと飛ばされそうな大嵐。どうしよう?
山頂を越えて下山予定だったが、あきらめて一番風当たりが少なそうな雪渓コースを下ることにした。
北岳山頂は50年前に2〜3度、数年前に1度登っているから、無理しないことにした。
フロントのお姉さんも「またいらっしゃい」と言うし。

帰途は、ひたすら嵐の中を下山する。
景色も全然だめ。びしょびしょになって、昼過ぎに広河原に到着。

歩いている間、全面的に大雨だった。晴れも曇りもなし。

一つだけいいことは、臨時バスが出て、とても空いていたので、着替えと荷物整理が出来たこと。

雨ばかりだったけれど、高山植物は期待通り見事だったから、後悔しない。
また、来年来よう。もし、元気が残っていたらね???

          


ヒメヨツバシオガマ 二俣から左俣、頂上方面をのぞむ
ミネウスユキソウ チョウノスケソウ
ミヤマハナシノブ
  北岳を代表する花の一つ
シナノキンバイ
特大の見事な花が見渡す限りに


趣味の頁へ戻る




白石整形外科トップページへ戻る