“モンブラン一周の旅 その1”


シャモニーの町からモンブラン(欧州最高峰)
シャモニーの町のあちこちからモンブランが見えます。モンは山、ブランは白ですから、併せて白山と思えばいいでしょう。ちなみにイタリア語のモンテ・ビアンコも同じ意味だし、ドイツ語のシュバイス・ベルクも白山です。と言う訳で、モンブランは仏,伊,瑞の三国境に鎮座しています。ヨーロッパの町では、自分の家の窓を花で飾る習慣があり、いつも素晴らしい景観を楽しませてもらっています。


モンブラン一周の旅 その1
埼玉県医師会誌 2005年4月号より


 大学一年生の時にワンダーフォーゲル部の夏山合宿で初めて登ったアルプスの山は仙丈岳。さすがに3000mを越す山、いくら歩いても頂上に到着せず、参ったと共に驚いた。何しろ、その前に登った最高峰は父の田舎の裏山、標高419mだったから、偉い違いだった。

 それでも懲りずに各地の山を登り歩いた。山に病みつきになったということだろう。初め、吾妻山からスタートして、頂上から見える東北の山を次々と登った。北アルプスには、1955年に針ノ木峠から前穂高岳まで縦走したのを最初に30回以上出かけただろう。昨年も奥穂高に登った。南アルプス全山縦走には16日を要した。当時は、テントと食料を全部担いで歩いた。燃料は現地調達だから、大雨の中でも濡れた木を燃やさないと、ご飯を食べられなかった。北海道の山も気に入って、10回以上出かけ、その度に複数の山を梯子した。中でもトムラウシ山、旭岳、日高幌尻岳は抜群だ。

 最近、妻と欧州へハイキングに行くようになった。特にスイスのアルプ(高地草原)を歩くコースは無数にあり、楽しい。

 一昨年の8月にモンブランのシャモニーに滞在してあちこちのコースを歩いた。毎日晴天で雪山、氷河、高山植物すべて素晴らしく、すてきな旅となった。その間、暇さえあれば山を眺め続けていたら、妻が、“貴方って、ここまで山好きとは思わなかった。じゃー、来年は1人で一週間歩いていらっしゃいよ。”と言ってくれた。やさしい妻の有り難い言葉。僕も歳だし、最近は四肢共に故障だらけで、じきに山歩きは無理になる。左足は6年前のアキレス腱断裂でびっこ、右足は一年前の足首の骨折でちんば。だけど、家族の同意も得られた今回がラストチャンス。とにかく行ってみることに決めた。旅行社やインターネットを通じて探したが、お盆の時期にモンブランへ歩きに行くツアーは無かった。仕方なく、不得手なインターネットを駆使して、ガイドを探し、飛行機を予約し、ホテルをとって、ATS(欧州の各空港からホテルまで送迎車を手配するイギリスの会社)の予約をした。つまり、自分の都合に会うコースを作った。やってみると出来るものだ。最近ヨーロッパの人たちにますますポピュラーになってきているツール・ド・モンブランとよばれるコースはモンブランの中腹海抜1000mから2600mのあたりを一週間かけて山越え谷越え歩いて一周する素晴らしいハイキングコースだ。

 8月7日:やっと仕事を終えて、7時診療所出発。一度自宅へ帰って、大急ぎで日暮里に8時38分に駆けつけた。何と旅行社で教えてくれたのはウィークディの時刻表。今日は土曜日。特急なんてありゃしない。各駅停車で二回も乗り換えて、成田空港に着いたのは10時20分。初日からこれでは・・・ユーロに両替して、ホテルバスにやっと飛び乗る。1ユーロ:140円。ベテランのツアコンと銀行マンによると、成田空港の両替所のレートが一番良いそうだ。

 8日:1025分成田発、チューリッヒ乗換えで、1840分ジュネーブ着。バスはもう無い。ATSの運ちゃんは背の高い英国人。駄弁っている内に1時間で隣国フランスのシャモニーに到着。ホテルに門付けして、フロントまで荷物を運んでくれて、便利。乗り合いにしたので安い。

 8月9日:曇り。前日に現地入りしてしまったので、朝から動き出せる。ガイド津田氏と会う。30年余ヨーロッパに住み着いて山ガイドをしている。フランス山岳連盟公認ガイドだ。見るからに頼りになりそう。でも怖くなさそうだ。奥さんは日本人で浦和に住み、子供の学校が休みの間だけシャモニーで一緒に暮らしている。奥さんも自転車で見送りに来てくれた。初日の足慣らしということで短時間のコースを歩いてみることになった。つまり、僕の歩き具合を試験するのだ。初対面の人と山を一週間歩くのだから、心配になることだろう。彼曰く“自己申告ほど当てにならないものは無い。”ごもっとも。村営バスは物凄く混んでいて、一回りして村を出るまでに20分もかかり、大勢積み残しのまま出発する。プラまでほんの10分。プラにある有名な教会は,今日は後ろの名山ドリュが見えないので、あまり映えない。ここからロープウエイでフレジェールまで登り、そこからラック・ブラン(ラックは湖、ブランは白)まで往復3?4時間の予定。

 上がるにつれてドリュ(3754m)が見えてきた。実に高々と聳えている岩山だ。リフトでアンデックスまで登ると、もう2400mの高地。楽でよい。目の前に赤い針峰群(シャモニー谷の北側に並ぶ赤褐色の岩山)が並んでいる。小雨の中を歩き始める。最初から何ということ。今まで聳え立っていたドリュよりもヴェルト針峰(4122m)の方がだんだんに立派に見えてくる。前年見事に見えていたメール・ド・グラス(氷の海と呼ばれる氷河)とその奥のグランド・ジョラス(4208m)は霞んでいてよく見えない。残念。ゆるやかな下りコースは歩きやすくて、足慣らしに丁度良い。高山植物の花を探していたが、意外に少ない。でも、ラック・ブランに近づくにつれて、急にいろいろな花が見つかるようになってきた。これでなくっちゃ。2時間弱でラック・ブラン到着。初日にしてはいいペース。湖の南にあった古い小屋は雪崩に流されて、一部が残っている。新しい小屋は東側の小高いところに建っている。雨がやみ、太陽は見えないが、一応ミラーレイクになっていて、赤い針峰群が映って見える。北岸に回ってみたが、“雪をかぶったモンブラン山群が美しく水に映り”という風にはいかなかった。贅沢を言うと罰が当たる。これで満足しよう。

 小屋で昼食。茸オムレツはなかなかおいしかった。陽が出てきたので、軽装に着替えて帰途につく。大岩の上でピクニックランチをやっている人が2〜3組。羨ましい。おいしそう。益々、高山植物の花が増えてくる。問題は北アルプスの花と大分違っていて、名前が殆どわからない。津田さんも花には強くないらしい。メール・ド・グラスの下に湖が二つ見える。前年歩いた時には、気がつかなかったけれど。殆ど平らな路を気持ちよく下る。フレジェールまで2時間。津田さんは僕の歩き具合に安心したのか、心配になったのか?ロープウエイ下のプラの教会堂は朝よりとても綺麗に見える。川に沿った路をゆっくりと歩いてシャモニーに着いたら、3時。津田氏の山用具店によって、登山杖を一組買った。日本よりかなり安い。2本の杖をついて歩くのが欧州で流行っていると。

 ホテルで昼寝をしてから、日記を書く。意外に時間がかかる。三日坊主になりそう。

 8月10日(いよいよツール・ド・モンブランの初日)6時に目が覚めて、部屋の窓から見たら、何とモンブランは朝日に輝いて真っ赤。あわててカメラを持ちだす。正に、“早起きは三文の得”。ホテル・クレト・ブランシェは安くて、部屋が小さいが、山の景色は最高。

 本日の出発点、ノートルダム・ド・ラ・ゴルジュ(細い谷間のノートルダム寺院)までタクシーで1時間、85ユーロ。ここまで車で入ってしまうとすごく楽になる。バスだと下のコンタミヌ村から1時間余計に歩く。教会堂の写真を撮って、10時20分いよいよ出発。

 最初は岩を並べてコンクリートで固めたような路。電電公社の車が下りてきた。大きな荷物を背負った連中はボンノム小屋まで行くのだろう。軽装の人は途中の小屋か湖までか?橋のところで左側へ降りてみると、深い渓谷にかかったローマ時代のアーチ橋が我々の通る路を支えていた。木と違い、石造りは丈夫だ。11時ナン・ボーランの小屋に到着。綺麗な建物で景色の良い食堂が別棟になっている。夏だけで商売がなりたつのだろうか?森をぬけると視界が開け、ロチャ・ド・ボンノム山とその右にボンノム峠が見えてきた。遥かに遠い。ラ・バルム小屋はバルム(牧場)の管理小屋が宿屋になっている。道端で数頭の牛がのんびりと草を食べている。チーズ、ベーコンのサラダはおいしかった。リモナーデとはスプライトの事だった。

 峠まで2時間半かなと予想して、1時出発。湿地に綿菅が綺麗。ボンノム峠へ向かってゆるい登り坂をのんびりと歩く。花が沢山あり過ぎて、なかなか進まない。小型カメラでひとつひとつ撮影する。名前は後で調べる他ない。最後に右へジグザグに急登して3時10分着。景色抜群。右の一枚岩が美しいが、曇っていて写真には不適。峠は標高2329mだから、ノートルダムより1100m高い。数人が座り込み、疲れた顔で行く先を眺めているところを写す。次のクロア・ド・ボンノム峠までは山の右側をゆるい登りだ。楽々。花が多すぎて、ポケットカメラのバッテリーもチップもすぐ無くなりそう。ここのアザミは小さいが、スミレは大きくて,はじめはスミレと気づかないほどだった。意外と暖かく、半ズボンとスカートのハイカーが多い。脚線美の女性のミニスカートは歓迎。昨年より2本杖の人が増えたようだ。今日は40%晴れ、60%曇り。風はなく、上々。

 4時20分ボンノム小屋に到着。115人収容。下駄室から入り、靴を脱いで内履きに変える。日本と違いスリッパは各自持参。一人一ベッドで、ゆっくり寝られる。4人部屋に日本人二人が寝ていた。女性の方が“日本人がきて良かった。”と言い、男性は黙っている。ガイドが大嫌いで、話もしたくないのだそうだ。シャワールームは5時に鍵があく。タオル、石鹸をもって早めに並ぶ。ぬるいが、手持ちで使いやすかった。ガイド氏と一緒だと本に書いてない情報が得られて、助かる。驢馬が三頭草を食んでいる。グループで驢馬に荷物を運ばせ、軽装で歩くのも賢い方法だ。但し、津田さんは“自分のものは自分で運べ”の主義だ。7時夕食。野菜スープ(塩味が少ない)、5×6×3mmのパスタにチーズをちょっとだけかけたもの、肉のワイン煮、軽い菓子。あるガイドブックには山小屋の食事はおいしいと書いてあったけど?食事中に鹿が現れて、角でドアをノックした。動物が見えるのは嬉しい。食後にバイオリン演奏のサービスがあった。


白石整形外科(浦和) 白石 悟
すみません。ちょっと地図を見させて下さい。


その2へ / その3へ / その4へ


趣味の頁へ戻る




白石整形外科トップページへ戻る