“モンブラン一周の旅 その2”


tre la teto (三つの頭の山)とエリザベッタ小屋
ここで遭難したエリザベッタ婦人の名をつけた小屋
石造りで立派な山小屋です。

モンブラン一周の旅 その2
埼玉県医師会誌 2005年6月号より


昨年から楽しみにしていたモンブラン一周の旅がいよいよ始まった。89日(月)は足慣らしにラク・ブラン(白い湖)まで軽くハイキング。10()初日はシャモニー谷のノートルダム寺院のところから歩き出し、高度差1200mを6時間かけて、ゆっくりと登った。数十枚の高山植物を写真に撮りながら歩いたにしては上等だろう。


 8月11日:朝起きたら、曇り。黒いパン、コーヒーとホットミルクの朝食をとっている内に雨が降り出した。何ということ!! レインコートを準備して、7時55分ボンノム小屋を出発。昨日のクロア・ド・ボンノム峠(2443m)まで300m、約10分戻る。雪が無くなっているので、バリエーションコースをとることにした。花が綺麗なところが多く、多少きついけれど、短時間で歩ける。今のところ花は少なく、あっても濡れていて写真にならない。フール峠(Col des Fours)近くなってやっと花が多く見られるようになってきた。

 フール峠の西側(つまり手前側)には大量の雪が残っており、上から降りてきた人のコースに惑わされて、北の山に登りかけたが、コルだから東側へ下りるはずだと思い直し、南へ戻ったら、先へ行っていた津田さんが待っていてくれた。9時到着。

 ガイド氏は東側のグラシェの小屋の方へ向って、急坂をどんどん降りていってしまう。早過ぎて写真をとる暇もない。でも晴れてから写せばいいやと思い、それなりについていく。30分くらい降りたところに左から美しい滑滝が落ちている。斜めになった平らな大きい岩の上を流れ落ちる滝は見事だ。丁度地元のアベックが向こうから来たので、滝と一緒に撮影しておく。谷の左岸(山では上流から下流の方を見て左を左岸と決めてある)に羊飼の小屋があり、無数の羊が点々と見える。一つの小屋のところで例の日本人のカップルと合い、そこでレインコートを脱いで、軽装(半そで半ズボン)に着替えた。此の方がずっと快適だ。植物もどんどん増えてきて、一生懸命写真を撮る。割と広々とした谷間をゆっくりと行く。羊飼には最適なところだろう。何百頭の羊の群れが見える。前方のグラシェ(氷河)峰は氷河が多くて立派な山だ。その右にこれから登るセイニュのコル(峠)が遥かに遠く見える。あんな遠くの峠を越えて、さらに2時間近く向こうのエリザベッタ小屋まで行き着けるだろうか?心配になる。右下に見えるグラシェ村までお花畑の中をゆっくりと降る。村とは言っても、家が数軒、自動車が4台駐車してあるだけ。次のモッテ小屋まではゆるい路を登る。数人の若い登山者とすれ違う。モッテ小屋の先は急登で、3時間と書いてある。うーーん。ここで休むことにする。

 モッテ小屋は羊飼いの小屋を登山シーズンだけ山小屋としてオープンしている。ここで休憩11:20〜12:30。小学生くらいの可愛い女の子が出てきて、犬と遊んでいた。早速身振りでたのんでモデルになってもらう。美しい女性が働いていた。娘か嫁が自分の娘を三人連れて夏の間だけ手伝いに来ているようだ。一番若い女の子に注文すると喜んで伝言に走っていく。可愛いー。チーズのラビオリは実に美味しい。イタリアに近付いたせいか?

 いよいよジグザグの歩きにくい路を登りはじめる。若い連中は走って登っている。脚が長い白人は得だなー。僕は短脚マイペースでゆっくりと歩く。高山植物は益々良くなる。峠の手前のところでモンブランがちょっとだけ顔を見せた。消えない内に、急いで写真。忙しいこと。標高2516mのSeigne(セイニュ)のコルはフランスとイタリアの国境。左手に雪をかぶったグラシェ針峰、イタリア側の谷に尖がったノワール針峰(3772m)が際立って見える。15×15cm角で40cm高の意外と小さな石の標識が立っている。ちょっと記念写真を撮ってみる。番小屋もパスポートチェックもない。EUになる前からヨーロッパ各国間の国境はアメリカの州境のように簡単になってきている。振り返ると、フールの峠から来た路が延々と続いて見える。

 今夜の宿エリザベッタ小屋は左手のグラシェ針峰を回りこんだところにあるので、峠からは見えない。其の向こうに、明日のコースとなるコンバル湿原が遠く見えている。イタリア側ヴェニの谷へ降り始めると、花はどんどん綺麗になってくる。幸いなことに、丁度夕方で牛を下の小屋へ連れて行くところだった。犬が牛を誘導していた。実にうまいものだ。津田氏の後をついて、牛が登山道を歩いていく。グリンデルワルドの牛と同じで、道路の方が歩きやすいらしい。もしかすると、僕の方が牛の路を歩かせてもらっているのかも?彼と少し離れて歩いている僕は数十頭の牛に囲まれてしまい、ちょっと怖かった。でも、牛は基本的に草食動物だから大丈夫。数枚の写真を写した。一枚くらいはものになるといいけど。通常は写真にプリントしてみるとがっかりすることが多い。

 空気がきれいなせいか、アザミの色が鮮やかだ。ここの蕗は濃いピンクの矢車草のような花をつける。ベルフラウワー(釣鐘草)の花は小さく下を向いた青いもの、大き目で上を向いて濃く咲くもの、淡くて遠慮がちに下を向いており、産毛が生えているものの三種類ある。濃いピンクの弁慶草は10〜20cmの高さで、堂々と咲いている。日本の地面や岩に平たく張り付いて育つ弁慶草と同じ種類とは見え難い。

 やっとエリザベッタ小屋が見えてきた。何とまだ高度差50mも登らないと。おーやおや。バックにトレ・ラ・テト(Tre la Tete三つの頭/3930m)山が氷河を抱いて、何とも魅力的だ。正に最高のフォトスポット。おまけに下の湿原に綿菅の白い穂が見える。エリザベッタ小屋の正式名はエリザベッタ・ソルティーニで、山で亡くなったソルティーニ婦人の名前がつけられている。標高2258mに建つ。此のあたりから見るノアール針峰は先が二つに分かれている。雲の合間に見え隠れする実に立派な岩山だ。

 4時10分エリザベッタ小屋到着。所要8時間。まあまあのペース。大きな綺麗な小屋。石造りで立派。中の食堂もいい感じ。ピーチジュースも美味しかった。ここも靴を脱いで上がるシステムだった。日本の山小屋と同じで、寝台でなくて、ごろ寝なのは意外だ。北アルプスの小屋のように小さめの煎餅布団一枚に二人づつということはない。お風呂はトークンを一個くれる。数分で止まってしまうので、長く使いたい人はトークンを買い足すことになる。合理的なやり方だ。

 夕食までに暇があるので、ベランダへ出てみたら、津田さんが座っていて、“マーモットがいますよ。”と教えてくれた。思いのほか大きい。40センチ位ありそう。ちょろちょろしていて可愛い(写真下左)。裏に出て、谷に沿ってゆっくりと上の方へ歩いてみる。いくつか小さな花が咲いていたが、名前はわからない。上の方に見える小滝が夕日に輝いていた。Tre la Teteをバックにして名写真を撮ろうと登っていったが、うまく方向があわなくてだめだった。諦め。“三頭山の左の峰の頂上に小屋が見えますね。”と言ったら、津田さんが“あそこには小屋はありませんよ。”と。でも、双眼鏡を貸してあげたら、認めてくれた。エリザベッタ小屋のところへ戻ってくると、明日歩く予定のコンバル湿原が遠くに見えていた。丁度イタリア人の若い人たちの団体が到着して、まことに賑やかだった。小屋の前のベンチでさっさと靴を脱いで脚を干す人、大声でお喋りをする人。ラテンの人は明るくてよい。(写真下右) 我々日本人も少々見習ってもよいのではないかと思うこともある。

 夕食は7時。ミネストローネはとってもおいしい。さすが本場。サラダはドレッシングが実に良い。マッシュトポテトとポークソテー。デザートに本物の桃。よくも特別傷みやすい果物を運んでくれました。感激。イタリア領に入ると途端に、食い物が美味しくなる。うれしいこと。ピーチは僕の大好物。シャワーはあまりよくなかったが、あるだけでもありがたいこと。そろそろカメラの電池がなくなってきて、廊下のコンセントにそっとはめてみたら、何と、うまく充電できそうだ。丁度近くにあるテーブルで、電池を見張りながら、怒られたら何て弁解しようかと考えながら、日記を書く。そういえば、40数年前に初めて海外旅行へ出た時には、80日間毎日大学ノートに数ページの日記を英語でつけていた。今回は日英ちゃんぽんで。でも、可なりまじめにつけている心算だが、今日で止めると、丁度三日坊主かな?


8月12日(木):目が覚めたら、曇り。おーやおや。でも早々に晴れ上りTre la TeteGlacier(氷河)de la lex Blancheが朝日に輝いている。ハッピー。朝飯は美味しいコーヒーとミルク。白いパン。なかなか良い。ビバ・イタリア。

8時丁度に出発。コンバル湿原の方へ向かって、ゆっくりと降り始める。水はとてもきれいに澄んでいる。でも向こう側の雪山と明るさの差がありすぎて、写真にならない。やってみたが、ディスプレイで見て不成功。

 浅い川にりゅうきんかの花を見つけた。北海道のりゅうきんか程大きくは無いが、艶があってきれいだ。路の両側にお花畑が続く。岩山、雪山が霞んで見える。素晴らしい景色だ。マーモットが出てきて、ポーズをとってくれた。やや遠いけれど、アンファス、プロフィルの写真を写すことができた。ありがとう。対岸(左岸)を歩いている人はLag del Miage (ミアージュ湖)まで行くようだ。今日は天気もまあまあだし、疲れていないので、Checrui(シェクルイ)まで登ってからCourmayeur(クールマイユール/モンブランのイタリア側の中心地)へ向かうことにした。

 コンバル湿原が終わるあたりで右へ斜面を登りはじめる。高度差500mはきつい。最高所の展望台(2440m)でモンブランが見えたら、虎屋の羊羹を食べようと言いながら登ったが、山は見えないので、チョコレートとクッキーにする。谷の右斜面をシェクルイ湖へ向かってゆっくりとくだる。シェクルイ湖は期待に反して、とても小さく、太陽もでていないし、モンブランも写っていないので、通過する。がっかり。

 Col Checroui(シェクルイ峠)で昼食 12:14〜1:30 バーベキューの肉と野菜が美味しそうに見えたが。団体様用ということで断られた。茸入りタリアテレ、ジェノベーゼのスパゲッティー、辛いペンネをとって、四人で分けて仲良く食べる。イタリアのスパゲッティーは実に旨い。安い店に入って食べても、とっても美味しいことが多い。サラダが豊富でドレッシングも僕の味覚にあっている。食事は旅の楽しみの一つ。これもイタリアの良い点。

 

 リフトは動いていないので、シェクルイ高原スキー場をゆっくりと歩いておりる。ピンクのサフランが一面に咲いて可愛い。立派なアザミの花に蝶々と虻(?)がとまっている。色合いが何ともいえず良い。アザミはいい匂がするせいか、蝶々がよくとまるようだ。名写真を期待して写す。どうなることやら。大型ロープウェイでクールマイヨールの町まで下る。意外と小さな町だ。山の中の中心地だからこんなものかな?トラベラーズチェックを現金に換える。損した。今回の旅には現金だけでよかった。チョコアイスは美味しかった。

 3時20分のバスはなかなか来ない。先に行ってしまったのではないかと心配していたら、到着した。しばらく走ってから、あまりの渋滞に、なるほどこれではバスも遅れるはずだと納得。後で考えると、シャモニーのロープウェイが二度の事故で止まっていたから、フランス側の観光客がモンブラントンネルを通ってイタリア側に殺到した為に、ひどく混雑していたのだとわかった。因みに、家の息子も前日にクールマイヨールから2時間待ちでモンブランへ上がったことがわかった。彼がダオスタ谷に来るとは知らなかったな。

 疲れて揺られて寝入ってしまったら、アルプヌーバに到着。ここからエレナ小屋へ向かって歩きだす。ツール・ド・モンブランの一部を歩かないで、省略した訳だ。谷寄りの車道をさけて、右の山道を選ぶ。其の方が花がよい。でも、路はぐちゃぐちゃ。おまけに雨が降り出し、山は見えないし、散々。でも、振り返ると昨日越えた仏伊国境のセイニュの峠が遠くに見えた。4人の若い娘たちが大きな荷物を担いでちっちゃい雨具をのせて、キャーキャー言って登っていく。若い娘はびしょびしょでも平気で喜んでいる。エレナ小屋につく頃には雨もあがり、気持ちよく坂をあがる。

 Elena(エレナ)は綺麗な小屋。先ず入って飲んだミルクが美味しかった。今夜はガイド専用のコーナーに寝かせてもらった。もう一人おとなしいガイド氏がいるだけで、静かで良い。ここのトイレはとってもオープンで、ドアが全くない。中央に凹みがあり、両側に足を置く台があるのみ。ロールペーパーは外にあり、初めはみつからなかった。そういえば、エリザベッタ小屋ではトイレ内に紙が用意してあり、ボンノム小屋では全く紙なしだった。あわてて入ってしまったら、どうするのだろう?自己責任?シャワーは自由。ただし、ぬるい。ドアロックはあるが、ドア内には脱いだ着物を置く棚はないし石鹸を置く台もない。でも、シャワーがあるだけ有難い。贅沢はいえない。僕が日本で歩いた限りでは、客用の風呂があったのは北アルプス五色が原の小屋だけだったと思う。窓から槍ヶ岳が美しい姿を見せてくれた。ちょっとしか出てこない水で洗濯をして外に干した。明日までにかわくかな?

 夕食はパスタ,子牛のソテー。青いりんごも美味しかった。カプチーノを追加注文。仏伊瑞三国境の山Mont Dolent(3823m)はとうとう見えなかった。残念。明日に期待をかけて、“おやすみなさい”。            


マーモット君が挨拶に来ました。 イタリアの人たちは着いた途端に賑やかに喋ります。
あざみは良い香りがするのか、昆虫が集まります。
   


その1へ / その3へ / その4へ


趣味の頁へ戻る




白石整形外科トップページへ戻る