“モンブラン一周の旅 その3”


昨日は雨で何にも見えなかったのに、起きてみたら、まさに快晴。
フランス、スイス、イタリア三国境のモン・ドーランが見事に顔を見せてくれた。ハッピー。
気分良くFerretの峠へ向かって出発。


モンブラン一周の旅 その3
埼玉県医師会雑誌 2005年08月号より


前年から楽しみにしていたモンブラン一周の旅。89日(月)は足慣らしにラク・ブラン(白い湖)まで軽くハイキング。

10()初日はフランス側中心地シャモニー谷のノートルダム寺院のところから歩き出し、高度差1200mを6時間かけて、ゆっくりと登った。数十枚の高山植物の写真を撮りながら歩いたにしては上等だろう。11日はバリエーションコースを通って、遥かにセイニュのコルを越え、イタリア側のエリザベッタ小屋泊、12日には、シェクルイを越えて、一度イタリア側の基地クールマイヨールへ降りて、バスでショートカットして、雨の中をエレナ小屋到着した。お花畑はまさに最高だった。

 

13日(金):ちょっと気になる日だな。起き出して見たら、まさに快晴。昨夜全く見えなかった仏伊瑞三国境の山モン・ドーランは素晴らしい。左奥が頂上だ。雪渓も何ともいえず綺麗に輝いている。8:00エレナ小屋(2061m)を出発。クールマイヨールへの路を左へ分け、

Ferret ( フェレ)col(峠)へ向かってジグザグに登る。とても歩きやすい。振り返って見るグラン・ジョラスは上の方に雪がのっている。細くて立派に見えない。昨日のシェクルイの方から見えなかったのは、実に残念だ。モンブラン山塊の中でも有名な岩山だ。イタリア側フェレの谷が見事に見える。その奥のセイニュのコル(仏伊境)はピラミッドの陰に隠れて見えない。コルに近付くにつれて、高山植物の花がますます美しくなってくる。

 9:15フェレのコル(峠2535m)に到着。高度差500mを1時間半とは快調。僕の老脚もまだ使えるな。峠の風は物凄く、早々にしてスイス側へ降り始める。そう言えば、この峠の場合はイタリア側もスイス側も同じフェレの谷という名前がついている。通常峠の向こうとこっちは違う呼び名だけれどね。雲のかかったモン・ドーラン(3823m)の左に見えるのはトリオレ山。スイス側は緩やかな草原をのんびりと歩く。気持ちよい。無数の羊が草を食べている。こんな景色のいいところに住んでいる羊がうらやましい。マウンテンバイクで登ってくるグループがあった。男1、女3。なかなかの美人で、走っている二人の脚は筋肉美。でも、こんな坂道を長距離走って来るのは重労働だろう。最後から歩いて上っている女性は見るからに重そうだ。自転車に乗っては上がれないのだろう。差がついて可哀そう。

 途中、草原の景色のよいプール小屋で一休みする。奥の渓谷の眺めが何ともいえず宜しい。Pouleとは雌鳥の意味だそうだ。小屋の前のテーブルで絶景を愛でながら虎屋の羊羹を食べる。何と美味しいこと。熱い日本茶が欲しい。今回は脚と心臓に自信が無いので、携帯用コンロを担いでこなかったのは残念。津田さんも甘いものが大好きなので、とても喜んでくれた。丁度タイミングよく、山羊の乳を搾っていた。茶色っぽい山羊だ。この小屋では、コーヒーのミルクが無くなると、山羊さんにお願いするのだとか?小屋の南側に藁布団の部屋があるというので、行って見た。何と藁がむきだしのままで、其の上に直接に寝るらしい。小柄の娘が掃除していた。其の隣は小さなチーズ作りの部屋。こんな山の中にも素朴な手作りの十字架が庭先に立っている。さすがクリスチャンのお国柄。ここのとりかぶとは日本のものとあまり変わらないが、弁慶草は丈が高くて、とても立派だ。右奥の谷が綺麗に見える。流れに沿ったところだけ木が生えており、他は草原になっている。これ正にBalmeバルム(高地草原の放牧場)というのだろう。遠くからピンクに見えるのはFire Weed(やなぎらん)の群落のようだ。アラスカの高地にもシャモニーのあたりにも無数に咲いていた。丈夫な植物なのだろう。山の峠から、水が流れ始めて、河になる全体像がよく見えて面白い。うまく写真に撮れるとよいのだが。広い道に出て左折し、川を左に見て(つまり川の右岸)歩いてFerret (1705m)村に到着は12:10。バスは来ていたが,発車まで50分待ち。昼食をとるほどの時間はないので、部落の小さな教会堂、物凄く綺麗に花で飾り過ぎた個人住宅などを見て歩いた。バスはサンベルナールという会社で、横腹に大きなサンベルナール犬と僧衣を着て、一本杖でスキーをする坊さん達の絵が描いてある。昔サンベルナール峠で山に迷った人を大きな犬と坊さんが助けていたことを絵にしたものだ。日本ではセントバーナード犬と呼ばれ、僕が大好きな犬だ。立派で、おとなしい。バス便はよく、途中のオルシエールOrsieresでシャンペChampex湖行きに10分の待ち合わせ。これだけバスを利用すると一日分歩く距離が減り助かる。シャンペ湖への道に入るとヘアピンカーブを大型バスがどんどん登っていく。運チャン頑張れ。

 2時シャンペ湖到着。美しい小さな山の湖。周囲6kmくらい。脚こぎボートが出ている。スイスの湖畔のリゾート地で、運動部の合宿などが行われるところだそうだ。このホテルでやっと昼食にありつけた。ハムとフレンチポテトが実に美味しい。オレンジジュースもいい味だ。宿のご主人はスキー教師、ギターの弾き語りをし、いい男だ。作ったばかりの大型テレビでオリンピックの開会式を見ながら、夕食はどうかと一生懸命勧める。出来たばかりのテレビを見せたいらしい。 応じる。今日はやることがないので、のんびりと過ごす。洗濯をし、ティータイムは湖畔のオープンカフェでフランボワーズのミルクシェーク。これがまた美味。今日はついている。

 7:30 オリンピックの開会式を見ながらディナー。今日までオリンピックなんて忘れて山の虜になっていた。コンソメにはタイムが浮いていて、おいしい。ビーフステーキは小さく切れば、美味しく頂ける。つまり日本の牛肉より格段に堅い。付け合せの外米はどうも頂けない。デザートのチョコムースは一寸甘すぎるがまあまあ。ここのコーヒーはブラックでも、クリームをいれても、砂糖を加えても美味しく頂ける。結局11時までオリンピック開会式を見ていた。いろいろな国が出てきて面白い。沢山の懐かしい国名を思い出した。三分の一は聞いたことのない名前だった。最近の独立した国はわからない。イラクの時は拍手が非常に多かった。セルビアヘルツェゴビナも人気があった。開会式のショウはアテネらしさを表現する見事なものだった。多くの人が宙吊りで踊り、ギリシャ神話の動物に扮してパレードした。宿泊客は殆どいなくて、外部の客が入ってきて一緒にテレビスクリーンを見ていたが、飲み物、食べ物をとったようには見えなかった。お国柄か?小さい観光地なので皆お友達なのか?

ガイド氏のホテル選択は正しい。ちょっと変なのは、各部屋の風呂場が廊下を挟んで、反対側にあること。多分、部屋だけだったのにバスルームを追加したのだろう。シャワーも風呂も熱い湯がすぐ出てくる。石鹸も液体だ。ウォッシュレットでない以外はパーフェクト。

明日は、ボヴィーヌまで登り500m(高度差)を4時間、其の先フォルクラ峠まで下り400m(高度差)を2時間半、更にトリアンまで250メートルの下りに1時間の予定。午前1:30 “おやすみなさい” 

 

8月14日(土) 大体晴れ。約束通り7時にレストランに下りていくと、開かない。ご主人を見つけたら、“3分待って“と。湖畔を散歩していたら、津田さんも出て来た。素敵なフォトスポットは見つからない。レストランへ戻る。パンはおいしいが、トースターはない。3種類のジャムはまあまあ。ミルク、ジュースはおいしい。マスターはコーヒーを忘れていて、催促するまで持ってこない。困ったものだ。田舎の人はのんびりしているのだろう。ホテル出発は8時20分になってしまった。

 シャンペ湖を離れる寸前にスイス側の名山グラン・コンバン Grant Conbin 4314m が顔を見せた。幸せ。隠れないうちに、急いで撮影。これがこの山を見る最初で最後。でも、一目見ただけでもよかった。素晴らしい。

 シャンペ・ダン・バ Chanpex-d’en Basまで広いバス道路をゆっくりと降る。この辺りは日本の山の森と同じような感じだ。あまり素敵な山道ではない。ゆっくりと上り続ける。高度1987m地点に小さな山小屋があった。驚いたことに日本人のおばさんが出て来た。カリフォルニアに住む日本人で、今は夫の生まれ育ったMartigny(すぐ東下に見える街)に来ていると。夫が“日本人が来たようだ。言葉がわからないだろうから、助けてあげなさい”と親切に言ってくれたのだと。ありがたいこと。異国では言葉が大事だと痛感する。Tranches au fromage avec et ou Jambonは美味かった、写真に撮った。僕のカメラは10秒間くらい録音できるが、この香りが記録できないのは真に残念だ。パンにハムと大量のチーズをのせて、薪ストーブでトーストし、別に作った目玉焼き卵を載せる。あまりの美味しさにこのチーズを一塊買ってしまった。これから2日以上背負って歩くことになるが、この味ならオーケイ。しばらくMartigny Champex 谷の鳥瞰を楽しみ、次のフォルクラ峠へ向かう。景色はあまり良くなく、ただ歩くだけ。随分と上の方まで牛が登ってきて、草を食べている。路にも出てくる。角が生えているが、基本的に草食動物だから、怖くない。Col de la Forclaz はスイスのマルティニとフランスのシャモニーを結ぶ幹線道路の峠だ。10年あまり前にレンタカーで通ったはずだが、何しろ真っ暗で、夕焼けのモンブラン以外は何も見えなかった。ここの茶店のコーヒーも美味しかった。このところ飲み物、食べ物が美味しくて幸せだ。広い道路を30分ばかり下って、トリアンTrien村に到着。今夜の宿はRelais de Mt. Blanc, Trienと書いてあって、ハイカー向けの可なり古い安宿のようだ。玄関のドアも壊れていた。玄関前の階段に男女の子供が座って本を読んでいた。何とも言えず可愛い。ここの教会は立派だ。ステンドグラスも綺麗だ。ただし、キリスト教の素養がないので、何の物語を題材にしているのか全然わからない。近くの画廊で子供たちの絵を沢山飾っていたが、こっちも何を画いたのか理解不能だった。言葉の不自由をしみじみと感じるな。だけど、英語だけでもわかると、大勢の人と会話ができるので、可なり役に立つ。これで、英語もわからなかったらば、不自由な想像ばかりの旅になるのではないだろうか?昼間歩いていたままで、半ズボン半そでだったので、寒くなった。

 夕食はスープ、サラダ、鶏肉と茸のスパゲッティー。部屋は雑魚寝の二段ベッド。でも空いていたので、ゆっくりと寝ることができた。共同シャワーもあるが、快適とは言えない。

 

8月15日(日) 快晴。教会を入れて、ツール針峰Aig. Tourとツール氷河の写真を撮る。今回の旅行は随分雨に降られたが、朝晴れると、幸せな気持ちになる。朝飯はコーヒー、ホットチョコレート用の粉、テイーバッグ、白いパンとバター、ジャム。思ったより美味しい。このホテルは、何故か、宿賃を二階の事務室で、食事代を一階の食堂で支払うことになっている。

8時20分出発。西へゆっくりと登る。小さい兎を沢山飼っていた。兎は穴掘りが好きなようだ。畑の苺が美味しそうだったが、失敬するわけにもいかず、見るだけ。ツール針峰の左にトリアン氷河が見えてくる。森を抜けると、視界が開ける。振り返ると、トリアン村、そのやや右上にフォルクラ峠が見える。その後方に可なり大きなマーティニの街。更にその奥にカンデルシュテークから歩いてエシネン湖から見たブリュムスアルプスが霞んで見える。前方にスイス、フランス国境にあるバルム(牧場)のコルが遥か遠く、まだ大変だと心配したが、お花畑の中を楽しく歩いている内に意外と簡単に峠に到着した。でも、ここの高山植物は、前年来た時と比べて、遥かに花が少なかった。

バルムの峠を越えた途端に左からVerte 4122mMont Blanc 4807m,赤い針峰群と壮大な景色が広がる。一週間の旅が終わり、やっとシャモニーに戻ってきた。やれやれ。


日本のトリカブトとちょっと感じが違います。でも有毒? 山の中では山羊さんの乳は大切です。
無数の羊が草を食べています。元々自然の牧場を僕たちが歩かせて頂いているのですね


その1へ / その2へ / その4へ


趣味の頁へ戻る




白石整形外科トップページへ戻る