“モンブラン一周の旅 その4”


最終日午前はパラグライダーを楽しみ、
午後はブレバン展望台からシャモニーまで歩きました。
(高度差1,500mを1日に2回おりたことになります)
 幸なことに、途中でシャモア(かもしか)君と会いました。


モンブラン一周の旅  その4
埼玉県医師会雑誌 2005年10月号より


 一年前から楽しみにしていたモンブラン一周の旅もいよいよ終わりに近くなった。89日は足慣らしにラク・ブランまで軽くハイキング。10()初日はフランス側中心地シャモニー谷の西端ノートルダム寺院のところから歩き出し、モンブランに中腹を一周し、今日8月15日にシャモニー谷の東端バルム峠に到着した。ちょっと霞んでいるが、ほぼ快晴。ハッピー!シャモニーの左にモンブランに続く白い針峰群、右に赤い針峰群が聳えている。ここから見ると、モンブラン(4、807m)よりも左手前にあるベルテ(4、122m)の方が立派に見える。シャモニーの中心部から眺めると実に立派に聳え立っている岩峰ドリュはベルテの右向こうに小さく見える。モンブランとシャモニーの間に雪渓を被った白い針峰群が並び、さらにシャモニーの右(北)には全く雪の無い赤い岩肌を見せた赤い針峰群が可なり大きめに見えている。ベルテの更に左、シャルドネ峰に飛行機雲がかかっている。うんと露出アンダーにして、撮影してみよう。

リフトに乗らないで、ゆっくりと歩いて下りることにした。ここはシャモニーから大勢の人が、それぞれのスタイルで登って来る。老夫婦が手をつないでゆっくりと歩いている。若い人達がグループでわいわい言いながら上がってくる。上半身裸で自転車をこいで、峠まで上がってくる人もいる。可なり強そうな魅力的な女性ライダーも少なくない。ラバに荷物を担がせて、空身で歩いてくる要領のいい人達。中には、ショートパンツとブラジャーで大荷物を担いで堂々とコルまで歩いて登る美女まで、実に様々に、自由に、楽しく歩いている。途中のレストランで昼食をとることにした。チーズをのせてオーブンで焼いたジャガイモは本当に美味しかった。このあたりのチーズとポテトは実によろしい。お土産に是非チーズを買おう。大皿のサラダ付。ここで津田さんが杖を置き忘れて焦ったが、リフト小屋のお姉さんが保管していてくれた。ケーブルカーでle Tour(東西に長いシャモニー谷の東端の部落)まで下りる。Tour氷河は昨年より遥かに退縮して、上のほうにちょっぴり白く見えるだけだ。地球温暖化を実感する。昨年も、それ以前に比べて極度に猛暑だったので、氷河は例年より大分小さかった。

一年間楽しみにしていたツール・ド・モンブランの旅もいよいよ終了。何とも言えず素晴らしかった。天気は思ったより良かった。7日のうち5日は雨に見舞われたが、一日中降ることはなく、大事なところでは快晴に恵まれた。残念だったのは、イタリア側からモンブランの全容を見られなかったことと名峰グラン・ジョラスの正面像がだめだったこと。ガイド氏の話では、この時期にしては、とてもいい方だと。毎日雨ばかりで、まったく山を見ないで歩いた人もいたとのこと。

ホテルのフロントの婦人は何も聞かずに鍵をわたしてくれた。ここにもう二泊する。自宅に電話して、楽しく無事に終了したことを伝える。ATS(帰りのバス)を再確認する。明日も天気が持ちそうなので、パラグライダーの予約をする。快適そうだが、ちょっぴりこわそう。90ユーロはちょっと高いが、滅多にないチャンスだから、やってみよう。昨年、せっかく予約したのに、其の日だけ夜2時頃から始まった雷が止まず、文句なしにキャンセルとなった。夕食はアルピナホテルの裏にあるイタリア人がやっているpizzeriaへでかける。パルマハムとトマトのピッツァは最高。ついでにりんごのジュースもおいしかった。夜まで待っても、モンブランは赤くならなかった。毎日夕焼けというわけにはいかないようだ。残念。

8月16日: シャモニー最後の日。快晴。モンブラン(4、807m)は綺麗に見えている。ちょっとだけガスがかかっているが、文句をいったら贅沢というもの。ケーブルカー乗り場で一緒に乗ってくれるプロと会う。強そうで当てになりそうな婦人。一寸ふっくら気味だが、魅力的。フランスのチャンピオンになったことがあるそうだ。僕の体重が軽くて、英語を少々喋るので、“あー、よかった。”と。頂上駅Planpraz(1、999m)から10分ほど登り、30×40mの広場から上昇気流に乗って離陸する。ところが、“悪いニュースがある。今日は風が強くなって危険だから、中止にしよう。”と。“そんなー。1時間くらい待ってもいいよ。”そうこうするうちに、風がおさまってきた。再開最初のパラグライダーは離陸した途端に突風で右の方へ大きく流されて、岩壁にぶつかりそうになった。とても心配になる。いよいよ、僕の番。フルスピードで走れといわれても、パラシュートがついていると、やっと歩いているみたいだ。気がついた時には、もう空中に浮いていた。まさに快適。“完璧な離陸! カメラ出していいわよ。”と彼女が言う。上昇気流に乗ってBrevent展望台(2、525m)あたりまで上がっていく。気持ちいい。自分の靴を入れて写真を撮る。証拠写真だ。プランプラ駅(1、999m)を遥か下に見て上昇して行くのは実に気分がよい。パラグライダーの左の紐を引くと、翼の左後方の部分が引き下げられて、グライダーが左へ曲がる。ジャマイカで初めて馬に乗った時のことを思い出した。開発途上国なので、うるさいことを言わずに、初めての僕でも自由に2時間近く遊ばせてくれた。多少霞んではいるが、モンブラン全容が見事に見えている。ハッピー。ドリュ岩峰は空中から見ていても、素晴らしく聳えている。他のパラグライダーと一緒に写真におさめる。眼下のシャモニーの町並みも綺麗だ。これまさにBird-eye Viewというのだろう。巨大な鳥は町外れの草地に着陸した。ちょっぴりこわかったが、大丈夫だった。美人のお姉さまに感謝。何とも言えず、実に快適だった。30分間は短かった。

さて、午後はどうしようか?津田氏のすすめてくれたのはBrevent展望台から、高度差1,500m下のChamonixまで降りるコース。ここは地元の人が歩くところ、日本人は殆ど行かないと。大急ぎでブリオッシュとジュースを買う。銀行は12時に閉まっている。両替商に寄り、ケーブルカーへ。今回の旅で旅行小切手を持ってきたのは失敗だった。時間を浪費して、二重に手数料を取られただけだった。

ブレバン展望台に着いたのは昼過ぎ。分岐点で昼飯をとりながら、おとなしくプランプラまで500m歩き、後はロープウエイで下りようか、通称4時間かかるシャモニーまで歩こうかと迷っていたら、雨が降ってきた。ベルギー人のお兄さんは迷わずシャモニーへ向かう。僕は迷いながら、1時20分、とにかくシャモニーの方へ歩き出した。大きな岩が次々と並んだような急な路を跳びながら下る。雨はあがり、登山者、犬、羊、山、ブレバン湖など写真におさめる。羊が登山道をゆっくりと歩いて下っている。羊も路の方が歩きやすいらしい。驚いたことに、シャモア(野生のかもしか)が僕の前の路をゆっくりと歩いていた。“えー!! しめた。”あわてて撮影する。後でガイド氏に聞いたら、このあたりでシャモアを見かけるのは非常に珍しいのだと。親切なシャモア君は僕の前で、15分間もいろいろポーズをとって、モデルになってくれた。葉っぱを食べたり、するどい岩のところに立って、上を向いて顔を見せてくれたり、最後には羊の群れの中へ入って行ってしまった。思いもよらない幸せなことだった。このコースをすすめてくれた津田さんに感謝。そしてシャモア君に“メルシー"。下から登って来たお喋りのフランス人のおばちゃん達に、“シャモアがいるよ。”と言ったら、“ムートンだよ。”と答えた。せっかく教えてあげたのに、もう。デジカメのディスプレイで見せてあげようと思ったが、やめた。

最初は大きな岩がごろごろの道をジャンプして歩いていたが、次第に草地になってきて、歩きやすくなった。Bel Lashat小屋はちっぽけな避難小屋だ。三人の娘が働いていた。一人が一寸だけ英語を話す。でも、助かった。“年寄りの足では下まで2時間半かかる。”と。また迷ってしまった。おりるか、ブレバンへもどるか?丁度其の時、一人のおじいさんが走って登ってきた。しょっちゅう登っているので、登りで1時間45分しかかからないと言って、走り去った。僕も降りる自信がついた。モンブラン、ドリュともに霞んで見えている。ボソン氷河も目の前だが、猛暑のおかげで、以前より遥かに短くなり、上の方で終わりとなり、表面も汚い。草地になり、色鮮やかな花が見られるようになった。雨が降ったり止んだり、雨具を着たり、脱いだり忙しい。5時20分シャモニー着。何とよその大邸宅の庭へ下りてしまったらしい。門を通って、外へ出た。振り返って見ても、道標は見つからなかった。下から登る時にはどうなるのだろうか?まあいいや。沢山の写真を撮りながら下山したにしては、4時間はまあまあだろう。

雨は小降りになった。今日が最後のチャンスだから、もう一度シャモニーの町へ散歩に出かける。津田さん推薦のフランス製チーズと偶然に見つけたスイス製ハムを買う。チーズは信じられないくらい美味しかった。ハムもなかなかよかった。いい買い物だった。

正装に変えて、Hotel Albert Prumierへ。前年に妻とここに滞在していた時には晩餐の予約がとれず、昼食を食べに行ったら、とびきり美味しかった。今回は、予め自宅からe-mailで予約してきた。ちょっとばかり心配だったが、僕の席はちゃんと用意されていた。よろしい。立派なウエイターがサービスしてくれる。

ロブスターとカリフラワーに美味しいソースがかかった前菜は嬉しかった。

野菜スープは淡白で、クルトン、パルメザンチーズ(アメリカ産の粉チーズではない。本物のパルミジャーノ・レッジャーノをここで挽いたばかりのものだ。)が浮いていて、何とも言えず美味。

ビーフステーキは柔らかく、味が良い。まさに僕の好みだ。最高の味。フランスでも超一流レストランを選べば、こんなに美味しいお肉が頂けるのだ。

刻んで、ちょっとバタ焼きにした野菜、10×12×8cmのポテトもいい味にできている。トマトソースをつけても、つけなくてもおいしい。

ホットコーヒーと共に出てきたのは何と20cmもある長いチューブ状のクッキーにやわらかいチョコレートがつめてある。

全て最高。さすがフランスの四つ星ホテル。これで76ユーロとは実の安―い。東京の一流ホテルだったら、2−3万円するだろう。今回の旅行は後半で食事がどんどん美味しくなってきて、最後のお夕食が超美味。とっても幸せな気持ちで、旅を終わらせられる。今夜も赤いモンブランが見られなくて、残念至極。でも、ツール・ド・モンブランの初日の朝に最高の赤いモンブランを撮影できたから、よしとしよう。

 

8月17日: シャモニー最終日。残念ながら、モンブランは全く見えない。うーーん。ATSのバスは定刻に到着した。当てになる。おまけにホテルのロビーまで入ってきて、荷物を運んでくれる。英国の会社なので、運転手さんはイギリス人なのもよかった。フランス人だったら、珍聞漢文で、話にならない。ジュネーブを経て無事に帰国。

雪山、岩山、高山植物、野生動物、高地草原等など実に見事。まさにハイカーの天国。8日間のうち5日間は大体晴れたから、天気もまあ上々。

いい冥土の土産になりました。お世話になった皆さん、ご迷惑をかけた皆様に深く感謝致します。

                             浦和   白石 悟

 

後記:4回にわたり掲載していただき、ありがとうございました。なるべく沢山の方々に読んでいただければ、幸いです。そして、行ってみたいと思う方がおられたら、嬉しいですね。喜んで情報を提供します。因みに、この雑誌のおかげで日本旅行医学会から9月29日に講演の依頼がありました。


バルムの峠からシャモニー谷の北側に並ぶ赤い針峰群をのぞむ。
シャモニーのホテルの窓から見たモンブラン。
パラグライダーからシャモニーの町とモンブラン。僕の靴も入れてみました。

  


その1へ / その2へ / その3へ


趣味の頁へ戻る




白石整形外科トップページへ戻る