礼文島、利尻島
海底からの隆起によってできた礼文島は我が国最北端に位置し、
南北に細長い島です。森も、山も乏しく、平らな島です。
本州のアルプス、東北の山々に見られるような
高山植物が平地に育っています。
エゾ・・・、チシマ・・・という名前の植物も多く、
初夏には素晴らしい花を楽しめます。
これを高山植物と呼んでいいのでしょうか?
海岸線が複雑で、此方彼方に絶景が見られます。
いくつかの写真で紹介しましょう。
 対照的に、利尻島は真ん中に火山利尻富士が鎮座し、
周囲にわずかな平地があります。
リシリヒナゲシ等の固有種が見つかります。
ハナイカリ
ヒロハクサフジ
エゾオグルマとノコギリソウ
エゾニュウと桃岩
れぶんうすゆきそう
日本、欧州でいろいろなウスユキソウを見ましたが、これはとっても立派でした
ツリガネニンジン
白花はなかなか見つかりません
澄海岬 まさに絶景
ピンクの花はエゾカワラナデシコ
えぞのれんりそう
りしりひなげし


趣味の頁へ戻る




白石整形外科トップページへ戻る