花の山、怖い山


このところ、年に何回か谷川岳へ散歩に行く。何といっても、“便利で綺麗で、山らしい山だから。”という理由で。最近はおとなしくなって、岩登りの真似事は決してしない。

 

1)花の山: 昨日(7月22日)、雨を覚悟で、出かけた。いつもの通り、8時前に新幹線上毛高原駅に到着。バスは5分後に出発。何と便利なこと。

 9時に登山届けを済ませてロープウエイに乗らずに、そのまま上流へ向かって出発。いつものようにマチガ沢から登ることにした。一瞬だけ薄日が見えた。今回は、道も整備され、沢山の高山植物も咲いており、楽しく歩いた。教科書によると、頂上まで4時間のはずだが、5時間かかってしまった。後で調べたら、登りながら180枚近い写真を撮っていた。それにしては、5時間は上等だろう。距離をマニュアルで決められないポケットデジカメなので、小さな花に繰り返しピントをあわせるのに時間がかかる。特に花が小さいと、花でなく向こうの葉っぱや地面に自動的にピントが合ってしまうので、失敗の繰り返しになる。でも、帰宅後にざっと見て20種類位の花は何とか使いものになりそうだ。

 谷川岳で特に花のよいところは西黒尾根を登って頂上に近い岩場のところだ。ほそばひなうすゆきそう(超珍しい)、白山ふうろ、きんぽうげ、たで、しゃじん、からまつそう、ぎぼうし、にっこうきすげ、たかねにがな、しもつけそう、ゆきのした、まるばしもつけ、しらねにんじん、おたからこう、いわいちょう、いわかがみ等等。そのうちに、数枚選んで、僕のホームページに載せてみよう。楽をしてロープウエイで登る人も肩の広場から右折して、西黒尾根側に15分くらい降りて、人工登山路と全く違った自然の高山植物が豊富な岩場を訪れるようおすすめする。岩尾根は多少の危険を伴うが、気をつけて歩けば、多分問題ないだろう。途中のラクダのコル(マチガ沢の路と西黒尾根の路が合流するところ)でロープウエイの頂上駅天神平が見えたと思ったらすぐに消えた。谷の東側に聳える朝日岳(1945m)、白毛門は比較的良く見えた。天候はずっと曇りだったが、暑かった。ショートショーツで歩いたのに、汗が出ていた。

 頂上の一つ、とまの耳(1963m)到着は丁度2時。単独の女性が一人だけ頂上近くで休んでいた。予想外に空いていた。ここからもう一つの頂上、おきの耳(1977m)まで往復すると1時間かかるので、今日は止めておく。景色は全くといってよいくらい見えない。

お弁当を食べて休憩し、3時に下山開始。雨が降り始めたので、肩の小屋にも立ち寄らず、急いだ。それにしても、ロープウエイへの下山路は実に味気ない。木材で作った大きな階段が不規則に並ぶところをやっこら、やっこらと大股で下りる。本当に嫌になっちゃう。腿は疲れるし、膝は痛くなるし、全くもう。土肌、岩肌が出た人工の路は嫌い。でも、今日中に帰宅する為には仕方ない。熊穴沢の頭避難小屋まで、予定通り1時間。雨が降り出し、カメラをしまったので、まともに歩けた。

その下は木道の多い路をまっしぐらに天神平に下山した。ロープウエイに乗り10分で下の土合口バス停着。楽なものだ。

 

2)魔の山: 前回、魔の5月10日(北陸から関東へ物凄い雷が通り抜けた日)に行った時には、初めからロープウエイを使って、楽をして天神平から登り始めた。頂上近くまで登ったところで、天候が怪しくなり、意を決して、不本意ながら、下山を始めた。ところが、急いで下っているうちに、うかつな事に道を間違えて、天神平(土合口から登ったロープウエイの上のところ)でなく、天神峠(天神平から更にリフトで上がったところ)へ行く道に入ってしまった。気がついた時にはリフト頂上の小屋が見えていた。雪道はちょっとした不注意で危険な事が起きるものだ。

悪いことに、稜線で物凄い雷雨が降り始めた。おまけに、雹が降り出し、レインコートを着ていても、頭や肩に当たって痛かった。天神峠までほんの一寸なので、そのまま走ることにした。頭の直ぐ上でごろごろと雷鳴がして、とてもこわかった。今になって考えると、よく落雷にやられなかったなーとちょっぴり気になる。明らかな判断ミスだった。雷の盛んな時は稜線から降りて、岩陰でそっと待つべきだった。峠からは雪の急坂を走りおりて、ほうほうの体で、ロープウエイ小屋にたどり着いた。ついてない時には、悪いことが続くもので、何と、荒天のため運休になっていた。“天候が回復しだい運転再開します”というので、待っていたら、雷が終わったら、大風で運休が続き、3時間あまり待たされた。最初から3時間待つとわかっていたら、昨年のように(実は昨年も一度トラブルがあり、リフトの頂上で日が暮れてしまい、リフト、ロープウエイ共に乗れなくて、2時間歩いて下山した)歩いて下りてしまえば、1時間半あまりで土合口に着いてしまったものを・・・

 

以上、花の綺麗な谷川岳と怖い怖い谷川岳の経験談です。とにかく谷川岳はいい山です。懐中電灯を2本持ち、アイゼン、しっかりした雨具を用意して、また行きます。次回も楽しい山でありますよう。

 

2007年7月23日記

浦和医師会 白石 悟


マチガ沢
ほそばひなうすゆきそう
たてやまうつぼぐさ
はくさんふうろ
たかねにがな
ひめしゃじん
いわいちょう
とんぼさん
ゆきのした


趣味のページへ戻る




白石整形外科トップページへ戻る