トピックスTOPへ


ごあいさつ


何年か前からホームページを出そうかと考えていましたが、やっ
その気になって、先ずやってみることにしました。開けてみて頂
てありがとうございます。不備なところが沢山あるでしょうが、
ろしくお願い致します。追々整備していきますので、いろいろと
助力、アドバイスをいただければ幸いです。
次回から、このトピックス欄に、今まで“白石整形外科ニュース
レター”に掲載していたような事を中心にその時々の話題を見つけ
て、広く一般の方にわかりやすい話を書いてみたいと思います
初回は、施政方針のような事を簡単に:―  正直に書いてしま
うと、自分が痛みに弱いので、患者さんの痛みも出来るだけ早く解
決するように最大の努力をしています。出来るだけ少ない検査、少
ない薬で早く治そうと勤めています。レントゲン写真もデジタルを
採用して、少量のレントゲン線でシャープな写真が撮れるようにし
ました。レントゲン写真の枚数も必要最低限に抑えます。現在、湿
布7種類、塗り薬3種類を用意し、患者さんそれぞれの希望、状態
にあった局所療法をしています。理学療法も数種類の器械を揃えて
一生懸命やっています。各器械とも種々なプログラム、強度を選べ
ます。患者さんの個人差、感受性に出来るだけ合った治療を致しま
すので、治療中でも少しずつご意見を下さい。治療は患者さんと治
療者の共同作業です。気が合ってくると治療がスムーズに進みます
のでご協力下さい。建物も、患者さんが気安く入って来られて、気
持ちよく待てるように、待合室の天井を吹き抜けにし、正面には写
真、花を飾り、常に入れ替えて新しい物を置くようにしています。
昨年末には二週間かけて、足場を組んで、屋根と外壁を大々的に
装し、また専門家に頼んでエアコンの大掃除を致しました。
尚、趣味の頁には、最近話題になっている、尋常小学校の国語読
本に載っていた“稲むらの火”の全文を出しました。原文を読むチ
ャンスは意外に少ないと思います。興味のある方は遠慮なく、プリ
ントし、コピーして、他の方々にも紹介して下さい。英語版も作り、
インド洋沿岸諸国へEメールで送っています。


トピックスへ戻る