トピックスTOPへ


topic 1(白石整形外科ニュースレター6号より)
“骨折はどんな具合に治ってくるのか?”
骨の中心にある骨髄は血液を製造している臓器ですから、骨が折れると当然出血します。従っ
て、折れて離れた隙間には血液が溜まります。日が経つにつれて、かたまった血液が繊維性
の細胞に置き換わり、骨折の両端が繊維性の組織でつながります。ここで、骨折部がうまく
固定されていると、繊維性の組織の中に骨細胞、軟骨細胞系の細胞ができてきて、次第に骨
折部が新しい骨でつながってきます。この新しく出来た骨を仮骨と呼びます。仮骨はカルシ
ウムを含んでいますので、レントゲン写真で見ると、普通の骨のように白く見えますが、比
較的無構造の組織ですので、あまり強くありません。レントゲン写真を見て、骨がつながっ
たから、すぐにスポーツをどんどんやって大丈夫だと喜ぶ方がおられまうが、これは問題が
あります。固定をだんだんにはずして、動かしながら、筋肉の力や重力によるストレスを与
えているうちに、ストレスに応じて、無構造だった仮骨に、与えられたストレスの方向に合っ
た微細構造(骨梁と呼びます)が出来てきます。この過程が十分終了した段階で骨は十分な
強度をもつわけです。よく、一度折れたところは絶対に折れないという方がありますが、レ
ントゲン写真を見て、骨折部が一時的に大分太くなるので、特別強くなったと誤解している
のではないでしょうか?仮骨で太くなっている間はむしろ骨の強度は不十分と考えて下さい。
また、骨折が大体治ってきた段階でもうひとつ問題なのは、長期間の固定中、骨は十分なス
トレスを受けないでいるので、カルシウムを失い、弱くなってきます。おまけに、近くの筋
肉なども当然弱くなってくるわけです。急に激しいスポーツ等を始めるのは危険です。ジョ
ギング、自転車等の軽い運動から徐々にやってください。
骨が折れて、ずれている場合には、整復といって、出来るだけ元の形に直します。次いで、
固定が行われますが、外からギプス等で固定する場合と、手術して骨に直接金属をあてて
固定する場合とあります。どちらがいいかはいろいろな条件(折れた場所、ずれ具合、年齢、
職業、全身状態等)によってちがいますので、専門家と相談して決めるのがよいでしょう。
また、当然の事ながら、専門の整形外科医師の中でもいろいろと得手不得手、治療法の好み
等の個人差がありますので、治療ならびに結果に差がでることがあります。
骨折治癒過程で、固定不十分その他の理由で骨折部が癒合しない事もあります。そうなると、
折れたところがぐらぐらのままになりますので、偽関節と呼ばれます。これに対して特殊な
手術が必要となる場合があります。
※症例 11歳 友人に投げられて肩から床に落ちた。
外傷時
2週間後 骨の外に新しい骨が見えてきた。」
4週間後
3ヶ月後 骨癒合略完了。」


トピックスへ戻る


ホームページを開設してから1年余り過ぎました。この折に、骨折の治癒過程を顕微鏡写真でお見せしようと思います。1965年(米国から帰国した翌年)に大学でリサーチをやっていた時に、興味を持って、実験してみました。約300グラムの兎の肘の近くの骨を使いました。顕微鏡写真も自分で撮りました。最近になって、昔のスライドをデジタル化している内に思い出しました。おそらく、骨折治療の専門家である整形外科医師でも、骨折の治癒過程を顕微鏡で見た人は殆どおられないでしょう。40年以上前に撮影したスライドなので、見にくいところがあって申し訳ありません。 


骨折1日後:骨折線は横に走り、上と下に骨梁が見えています。骨に白い穴が沢山見えるのは骨細胞が死んで、空っぽになったスペースです。骨の隙間に赤い出血が見え、すでに繊維化してきています。


骨折3日後:上の方に白っぽく見えるのは古い骨です。白い穴が沢山見えます。下の方の赤っぽいところは新しく出来た骨です。生きた骨細胞が多数見えています。つまり生きのよい骨です。


骨折2週後:新生骨でつながってきています。大部分は新しい骨になり、一部右の方に古い骨(やや斜めになって見える赤味がかったところ)が残っています。一番右にあるのは軟骨組織です。軟骨も後で骨になってきます。

骨折5週後:骨癒合は完成しました。でも、殆ど細胞に富んだ若い骨ばかりです。一部だけ右の方に若い骨が死んだ骨を包み込んだ像が見られます。




最近、友人と話していたら、「ギプスというのがどんなものかわからない」ことに気がつきました。コミューニケイションは難しいですね。自分が普段使っている言葉が相手にも簡単にわかっていると思ったら、いけないことがわかりました。

昔は、石膏の重い材料でギプスを作っていましたが、最近はプラスティックギプスが使われることが多くなっています。プラスティックの包帯のようなものを体に巻いて待っていると硬くなります。そして骨折の部分を固定するわけです。参考のために、実際にギプスをつけたところを写真に撮りましたので、ご覧下さい。この例では、底にゴムのかかとをつけて歩きやすくしています。このまま全体重かけて歩くことが出来ます。