トピックスTOPへ



topic 10(白石整形外科ニュースレター第11号より)
“怪我をしたら、すぐ R I C E”

Rest(安静):怪我をしたところを動かさないこと。怪我の重症度がわかるまでは、なるべく動かさない方が無難です。もし、骨折しているところを動かせば、近くにある筋肉,血管、神経を損傷するおそれがあります。捻挫の場合でも、その部の腫れや痛みが強くなります。

Ice(氷で冷やす):腫れや痛みを増やさないためには局所を冷やすことが大事です。簡単なのは、氷と水で冷やすこと。製氷機の氷(程よく冷えています)が手に入るようなら、ビニールの袋に入れて、直接に皮膚にあてれば、効果的に冷やすことができます。ご家庭の冷凍庫に長い間眠っていた氷はマイナス20度以下に冷えていることもあります。これを直接に皮膚に当てると、15分間位で凍傷になることがあります。気をつけて下さい。水を入れて温度を上げるか、タオルを当ててから、氷をのせるようにしましょう。腫れてくると、痛いばかりではなく、血行障害のために怪我の治りも遅くなります。

Compression(圧迫):怪我をしたままほっておくと、急速に腫れてくるものです。一旦腫れてから、これを退かせるのは大変なことです。腫れてくる前に軽く圧迫して、腫れないようにしてしまった方が賢明です。小さい範囲の怪我ならば、手のひらで圧迫しておさえていれば、腫れはひどくなりません。弾性包帯があったら、それで全体的に圧迫すればいいのですが、普通の包帯でもかまいません。大出血がある場合にも、そこを抑えておけば、出血は止まります。心臓よりのところを紐で縛るのはいい方法ですが、締め方が足りないと、静脈だけがとまって動脈が止まらないので、かえって出血が増えます。また、長い間縛っておくと、血行障害のために手足の先の方から死んでくることがあり得ます。

Elevation(挙上)
:簡単に言ってしまえば、脹れと言うのは局所に体液が異常に増加した状態です。従って、怪我をしたところを心臓より高く保っておけば、”水は低きに流れる”の原理のように、溜まっていた余分な体液は低きに流れて心臓の方に戻って行きます。


怪我をしたら、すぐRICE(安静、冷却、圧迫、挙上)をお忘れなく。



蛇足:関節痛用の湿布を擦りむき傷には使わないこと。乾いたガーゼは細菌を通しませんが,濡れた湿布は細菌を通すので、傷が化膿しやすくなります。また、捻挫や骨折の場合にも、すぐに病院へ行ける時には湿布をしないこと。レントゲン検査のために湿布をとるのはとても痛くて、時間がかかります。

 擦りむき傷に黄色い粉薬を使う人がいます。一見表面が乾燥して治ったように見えますが、排出されるべき分泌物が中に溜まってしまい、後日、悲惨な結果になって来院する方があります。


トピックスへ戻る