トピックスTOPへ



topic 11(白石整形外科ニュースレター第36号より)
“年とると何故上手に歩けなくなるのでしょう?”
 長生きして、生きている間はちゃんと自分で歩いて、人に迷惑をかけないで暮らしたいと思うのは僕ばかりではないでしょう。2月に運動器リハビリテーションの講習会が二日間に亘って開かれました。その時学んだ事と僕のささやかな知識を合わせて、ちょっとだけ書いて見たいと思い、
Cに向かっています。

 寝たきりになる原因は男性では40%が脳卒中です。でも、女性では脳卒中は20%で、転倒、骨折、膝関節痛で動けなくなり、その結果介護を受けることになる方が少なくないようです。

 人間は動物、つまり動く物です。安静が安全だと考えるのは間違いです。体の中で使わないと駄目になりやすい臓器は骨、関節、筋肉、心臓,消化器、脳等。例えば、一日寝ると筋力は3%減少。3週間休むと何と半分に減るそうです。長く寝ていると、骨は粗しょう症になり、関節は動かなくなり、心臓まで小さくなってしまいます。従って、出来るだけ運動を続けることが上手に生きる為の基本です。病気になっても、怪我をしても直接患部と関係ないところはどんどん動かしておくことが将来堂々と暮らせるコツです。

 骨粗しょう症が進行すると、背骨の前方部分が自分の体重によって次第に押しつぶされてくるので背丈は低くなり、背骨は後方に出っ張ってきます(円背)。円背は私たちの体にいろいろな影響を及ぼします。直接的には猫背になって格好良く歩けなくなります。内臓が圧迫されるばかりでなく、歩き方もだんだん異常になってきます。骨盤が前上を向いてしまう為に、股関節の動きが制限され、本来の股関節の運動範囲の後半分しか使えなくなります。股関節で脚を大きく前方に振り出すと後へ倒れてしまいます。逆に後方へ振り出すことはできません。(図2) 結果として膝下だけを動かして、ちょこちょこ歩くことになります。つまりお年寄りの典型的な歩き方になるわけです。こうなると、股関節は前方に曲がったままで後方へ動かないので、膝を曲げておかないと、立っていることもできなくなります。この状態が長く続くと、膝を完全伸展しにくくなってきます。

 何故か骨のカルシウムが減少する時には、大腿骨頚部で骨量減少が高度になります。日本医事新報に出ていた論文によると、1987年に比べて2002年には2.2倍の大腿骨頚部骨折(人口千人に一人)が報告されています。骨折後の外出可能患者は40%に減り、寝たきりになる患者が24%にも達するそうです。恐ろしいこと。アンケート調査では、老齢女性の20%は、過去一年間で転倒した経験があったと答え、転倒者の10%が骨折を起こしています。ビタミンDを服用していると、転倒が少ないとの報告もありますが、本当でしょうか?股関節の外側に当てるヒッププロテクターは大腿骨頚部骨折を半分に減らすといわれます。五千円で半数の骨折が防げれば十分な価値があるのではないでしょうか。外国性の堅いものより日本製のやわらかい物の方が使い心地がよろしいそうです。これは誰でも簡単に買うことができます。老いた親にプレゼントなんてのはいかがでしょう?

 20歳代では足裏で重心を保てる範囲が全長の60%だったのが、80歳代になると20%に減る(図 2)そうです。そう聞くと、残念ながら、最近僕が片足で立って靴下を履けなくなった理由がわかったような気がします。足首の最大前屈角度が略半分に減ることも転倒に影響します。無論、頭の方での平衡感覚もだめになってきます。困ったことです。だけど、自分では最後までしゃんとして生きていたいと思いませんか?

  その内に、“年をとっても、上手に歩けるコツ”を書いてみようかな・・・


     


トピックスへ戻る