トピックスTOPへ


topic 12
“椎間板ヘルニア”
 背骨は沢山の骨からできています。各骨の間には椎間板と呼ばれる軟骨のクッションがあります。椎間板は年とともにだんだんに変性して弱ってきます。急に椎間板に強い圧力が加わったり、或いは繰り返して圧力が加わると、周囲の繊維輪の弱っているところが破けて、椎間板の中心にある髄核がとびだします。

 椎間板の髄核が後方へとびだし、背骨の中を走る神経を刺激して、神経炎が起きると、しびれ、痛み、筋力低下などの症状がでてきます。

症状:椎間板ヘルニアは頸から腰までとこにでも発生しますが、第四腰椎と第五腰椎の間にでることが圧倒的に多いのです。このレベルにヘルニアがでると、腰痛及び脚の痛みが生じます。脚(膝と足首の間)の外側と足の甲にしびれがあり、足首と足指をもちあげる力が弱くなります。

検査:レントゲン写真で椎間板の幅が狭くなり、コンピューター断層写真、MRI(磁場を使って映像を得る)でヘルニアの突出が認められます。脊柱管に造影剤をいれてヘルニアの突出を証明することもできます。

治療と経過:90%の患者さんは外来で理学療法、内服薬、湿布などを用いて治ってきます。10%の患者さんは入院することになります。入院すると、錘を使って腰を引っ張ったり、麻酔薬を神経の近くに注射したりします。安静も大事な治療です。入院した患者さんの10%が手術を受けることになります。つまり、99%は手術しないで治るわけです。


写真1
レントゲン写真(前後像) 第4〜5椎間板に明らか左右差があります。
写真2

MRI
 上の二つの椎間板は正常です。三つ目(第4〜5椎間板)は変性して後方へ突出し、
後方の神経を圧迫しています。一番下の椎間板も軽度に変性しています。

   


トピックスへ戻る