トピックスTOPへ



topic 13
“使わないでいると、骨は弱くなる”

topic 11で書いたように、人間は動物、つまり動く物です。動いているのが正常な状態です。
3週間寝ていると、筋力は半分に減るそうです。骨折で数週間入院していた患者さんの胸のレントゲン写真を
撮ってみたら、心臓の幅が明らかに狭くなり、つまり心臓が小さくなっている事に気がついて、成るほどと思った
ことがあります。心臓も使わないでいると、小さくなってしまうことがわかりました。

 最近、5ヶ月にわたって他院でギプス固定を受け、手を動かさないでいた患者さんを診ました。ご本人にも
一目でわかるように両手を並べてレントゲン写真を撮りました。手と指の動きは当然不自然になっていました。

 簡単にご紹介してみましょう。        


左が正常な左手。右は5ヶ月使わなかった右手。右手の方が明らかに黒っぽく
見えます。つまり、カルシウムが減少したために骨が薄くなってしまいました。
左手に比べて右手の方が部分的に斑で汚い感じがします。この程度だと、
一生懸命リハビリをして、手を動かしていると、次第に骨量が回復し、手、指の
動きも回復してきます。
 

 

左手の骨量は標準的。骨密度0.463g            右手の骨量は左より遥かに低く、0.313g
この大幅な左右差は右手を長い間使わないでいたためです。
毎日右手を動かして、練習すれば、数週間で動きは良くなるでしょう。
でも、骨量が回復するには数ヶ月から一年以上かかる見込みです。

初診から10日程過ぎた時点で指の動きは可なり回復していました。
楽しみに、一生懸命治療に励みたいと思います。

数ヶ月後にまた、紹介したいと思います。
   

トピックスへ戻る