トピックスTOPへ


topic 14
足首周辺の怪我(けが
家庭生活中のけが、スポーツ中のけが、道路歩行中のけがが足首の辺りと手に多い事は皆さんご存知の通りです。手は別の機会にして、今回は足首の周辺の代表的なけが・・・

 何といっても第一番は足関節捻挫。一般に、捻挫とは関節が本来の動く範囲を超えて半分脱臼してしまい、再び元の位置に戻ったものと思って良いでしょう。従って、関節を保護する靭帯や関節の袋が一部切れてしまっているわけです。けがをした時と同じ方向へ曲げると切れたところに痛みを生じます。軽い場合には,湿布をして理学療法をするくらいで治ってしまいますが、重症の場合には絆創膏かギプスで固めた方が早く痛みが減り、きちんと治ります。。

 ここに見逃されやすい大事な靭帯があります。外踝(くるぶし)の前にあり、これが切れると、足首がぐらぐらになってしまい、ひどい場合には患者さん自身が不安定感に気がつくことがあります。昔は手術をしましたが、最近は手術をしないで、ギブスだけで殆ど問題なく治ってしまうことがわかりましたので、一ヶ月間ギブスで固めることで治療しています。しかし、靭帯の断裂に気がつかないでいると、一生の間、足首の不安定感や痛みで苦労することになりかねません。あなたの医者がこのけがの存在を知っていれば、簡単に発見されます。

 時に見えられるのが"アキレス腱断裂”。スポーツ中に起きることがあります。ジャンプした時と着地した時にアキレス腱が急に引っ張られて、切れてしまうことがあります。アキレス腱も、昔は、必ずといって良いくらい手術をしていましたが、最近は手術をしないでギプス固定だけで治した方が手術中の危険や手術後の化膿の可能性がないばかりでなく、手術による皮膚と腱の癒着が無い為に、将来のあしくびの動きに関しても有利だとわかってきました。ここ十数年間、私は全例手術なしで治療していますが、全くといって良いくらい問題ないようです。たった一つの欠点はギプス固定期間が約一週間長めになることです。でも、けがをした日に即座に手術されることは少ないので、手術日まで数日間待つことを考えれば、大差ないでしょう。ギプスなら、即時に治療開始になります。実は、僕自身もテニス中に見事にアキレス腱がちょん切れました。無論、手術はとても怖いので、そっと自分でギプスを作って治療しました。現在、スキーをしても、山へ行って十時間くらい歩いても問題ありません。

 他に、足の後半分にある小さな骨の骨折がいろいろと見られますが、殆どはギプス固定だけで治ってしまいます。ずれの大きい骨折や時に見られる脱臼骨折は手術を要することがあります。踵(かかと)の骨折は高いところから飛び降りた時に起きますが、手術を要することもあり、比較的後遺症が残りやすいけがです。外くるぶしの骨折は、スキー外傷として有名でしたが、セーフティービンディングが普及してから、大変少なくなりました。どのけがが手術或いはギプスを必要とするかは、足のけがの治療経験が多い医師に相談するほかないでしょう。足の後半分には十四個の骨が複雑に重なり合っていて、誤診しやすいところです。

近日、自分のアキレス腱断裂苦労話と痛かった骨折の経験をこのホームページに追加する予定です。


トピックスへ戻る