トピックスTOPへ

topic 15
”医者が患者になった時”

白石整形外科ニュースレター第12号より


はじまり:
11月29日(日)10時50分、テニス中に、左後方へ来た球をとろうとして、下がった時に大きな音がした。

一瞬何だかわからなかったが、2〜3秒して、”しまった!”と思った時には、"時すでに遅し”。アキレス腱が見事に

切れて、4センチの隙間があいていた。即座に考えたことは"スキーシーズンがもうじき始まるというのに・・・” やっ

ぱり僕はスキー気違いだとわかった。


対応:とにかく、事実を認めざるを得ない。2分後には、運転して自分の診療所へ向かった。一つ良いことは、怪我を

したのが左足だったから自分で自動車を運転できること。入院、手術すると、長時間診療を休むことになる。ちょっと

迷ったが、手術せず、自分で治療することにした。実は、手術は怖いから・・・ ふふふ。幸いにして僕はアキレス腱の

治療経験は可なり多い方だろう。10年余り前にドイツのザールブリュッケンで開かれた学会でアキレス腱断裂の治

療法についてスピーチをしたこともある。最初にやったことは白石整形外科ニュースレター11号(丁度一週間前に発

行)”怪我をしたらすぐRICE”に従って、氷水のはいった袋で冷やし、弾性包帯で圧迫して、添え木で固定し、足を高

く上げておくこと。これで3時間待ってから、足先を下げる形にして、そっとギプスをまいた。4日後におそるおそるギプ

スを開いてみると,脹れも出血も殆どなかった。”救急のRICE療法がこんなによく効くとは!”身をもって経験して感

心した。 因みに、RICEはRest,Ice,Compression,Elevationの略。


経験から勉強:数日ごとにギプスをつくりかえていてわかったことは、1.最小で有効なギプスの作り方、 2.ギプス

の上下端をゆるめにまいたり、薄く柔らかくしたりすると、角があたらずに、擦れてこないこと、 3.骨のでっぱったと

ころに上手にパットをあてて皮膚を保護すると居心地の良いギプスになること等など。自分だと、これは悪い方法だと

思うことも試して見ることができた(患者さんに試してはいけないだろう)。技術面以外に気がついたことは、医師白石

と患者白石との思うこと、感じることは必ずしも一致しないということ。医師白石にとっては、過去の経験からアキレス

腱断裂は治療すれば、問題なく治るもの。でも、患者白石にとっては、初めての大怪我だから、”もしかしたら、僕の

は例外でちゃんと治らないかもしれない”と不安。スキーシーズンは終わってしまうし、ゴールデンウイークも・・・あー

あ!!


むすび:患者を経験して、もっと患者さんの気持ちがわかる医者に成長していければ、有難いことだと思う。でも、僕

の怪我を知って嬉しそうな患者さんが多いのはどういうわけ?? 心から嬉しそうな笑顔で、”先生、お大事に”とニコ

ニコして挨拶して帰って行くおばちゃんたちに何と答えたらいいかねーー?


追記:
怪我をして、たった一ついいことは: ”When a doctor becomes a patient.”の題でトーストマスターズクラブ

(口下手な人が集まって、話し方の勉強をするクラブ)の全国大会でトロフィーをもらったこと。これ正に怪我の功名。その後

のパーティーでも、"面白い話でした”という人ばかりで、"お気の毒に”と言ってくれる人は一人もいなかった。


近況報告:アキレス腱を切ると、当然脚力が低下するが、今のところスキーや山歩きに不自由しないくらいには回復してい

る。一日に10時間位歩いても気にならない。よかったら、このホームページの趣味の方を見て下さい。