トピックスTOPへ



topic 16
”医者が患者になった時(第3話)”

{エッ、本当に骨折!!}        2004年4月12日発行

白石整形外科ニュースレター第28号より

一年余り前に"医者が患者になった時第2話”を書いた際に,第3話はあの世から送る事になるだろう。"と書いたような気がす

る。幸か不幸か、まだ生きているうちに、第3話を書くことになった。最初のアキレス腱断裂の時には、患者さんに散々喜ばれた

が、第2話の心臓発作の際には、誰も笑わなかった。ところが、今回の骨折では、また大勢の患者さんが、"先生、お大事に。”

と、にこにこして診察室を出て行く。僕が怪我をすると、そんなにおかしいのかなー? ”エッ、また?”と、5年も前のことを覚えて

いる人が少なくないのに驚いた。



昨11月9日、ゴルフ場で左足を滑らせてしまい、転んだ。どうということはないと思ったが、立とうとしたら、立てなかった。右足首

の前からすねの前方上部にかけて、すごい痛みが走った。迷わずゴルフを中止して、車でクラブハウスまで運んでもらった。大

事な足首は内外側共に腫れ上がり、どこを押しても痛かった。うちの患者さんが”どこが痛いかわからない”というのがなるほど

と思えた。すねの前面にひどい痛みがあった。踵の内側を強く打ったから、足首の関節が横に広がったのかなと自己判断した。

症状だけでは意外とわからないものだ。


その晩、念のためにレントゲン写真を撮ってみたら、何と足首の外側の骨が見事に折れていた。”まずい。” と、おおいに焦った

が、落ち着いてもう一度見直すと、骨折部の前方はずれていない。外方が2ミリメートルばかり外側へ押し出されて、骨全体が

捻じれたことがわかった。強力に整復を試みたが、まったく移動しなかった。よほどきちんとめり込んだようだ。とにかくギプスを

巻いた。えらいことになった。もうじきスキーシーズンだというのに、どうしよう?でも、後方がちょっとずれているだけで、重要な

前方はきちんとおさまっているので、このままでいけるだろうと思った。自己判断は危険だ。2〜3人の先生のアドバイスを求め

た。"麻酔をかけて、形をきちんとなおし、金属でとめましょう。”、”このままギプスをしていれば、1ヵ月くらいで癒合してくるでしょ

う。” 、”3ヵ月はギプスをしないと駄目でしょう。"と、いろいろ分かれた。手術はこわいから、自分でギプスを作ることに決めた。

それなら仕事を休まなくてすむし。5日目にそーっとギプスを割ってみたら、膝から足先まで物凄く脹れて、真っ青になっていた。

今まで、整形外科の医者をやっていて、こんなに脹れあがった脚を見たのは、初めてだった。"先生はいつも通り働いていたか

ら、脹れたのですよ。”という看護婦の言葉が正しかったようだ。これまさに”医者の不養生”の典型? 足首の外側(骨折部)だ

けでなく、内側、それに足の上側、すねの外側と広く痛みがあった。何故か第3足指がとても痛かった。総合すると、皮下出血の

高度なところに痛みがあるようだった。どうしてだろう?ギプス固定して、1ヶ月半たっても、レントゲン写真で全く骨癒合が見え

なかった。でも、ギプスを止めて、特殊な外固定装具をつくり、そのままスパイク付の靴を履けるようにして、極寒のウィーンへニ

ューイヤーズコンサートを聴きに出かけた。素晴らしい冥土の土産になった。ウィーンの年忘れパーティーでは、そっとダンスをし

てみたが、意外と大丈夫だった。1月末からスキーを始めた。スキー靴はギプスみたいなものだからいいだろう。ゴルフの方はス

キーより危なそうだから、3月末まで待ってから試みた。ワンラウンド歩けた。よかったー。


でも、5ヶ月近くなっても、レントゲン写真で骨癒合は見えない。恐る恐る歩いている。心配だなー。"先生も骨折くらい自分でや

ってみればいいのですよ。患者の気持ちがわかるから。”という患者さんのお勧めは正しいと実感した。痛いし、怖いし、心細い

し、ギプスは邪魔だし。もー、厭!” 患者さんの気持ちが、他人事でなく、実によくわかります。 これで少しでも名医(迷医?)に

近づければ、いい経験だったといえるだろう。   がんばります。                  




怪我をして5日後。こんな可哀相な状態に。
ここまでひどく脹れた足、見たことないね。
看護婦曰く、「先生は休まず足を下げて働いていたからですよ。」
僕、「はい、ごもっとも。」




こんなに見事な骨折の写真を見て、本当にがっかりしました。
まさか僕の足は折れないだろうと思っていたんですが!!!

トピックスへ戻る