トピックスTOPへ


topic 17
"痛風”
急に足が痛くなって脹れ上がってきて、物凄い痛みがある病気。

殆どの患者さんが、あまりの痛さに”二度とこんな目にあうのは御免です”と仰います。

一口で言えば、贅沢病。

日本が貧乏国だった1960年代前半までは、わが国ではこの病気は見られませんでした。

私の経験でも、日本で働いていた時には、痛風を見たことはありませんでした。

1963年にアメリカへ出かけて、サンフランシスコで働き出したら、足ばかりでなく、手の甲、顔、膝など

いろいろなところに痛風が起きることがわかりました。その後、日本でも痛風の患者さんが増えてきました。

男女差はかなりはっきりしています。女性はもともと血中尿酸値が低いので、痛風になることが少ない

ようです。

急性の症状は、放置しても、2〜3日で軽くなりますが、血中尿酸値が高い状態が続くと、腎臓などの

内臓が侵されることがあります。


歴史: エジプトのミイラに痛風が発見されたという報告があります。西洋ではアレキサンダー大王、

ルイ十四世、ミケランジェロ、モーパッサンなどなど。日本では、明治時代以前には無かったようです。

1960年代になって食糧事情が改善されるにつれて徐々に増えてきたようです。


病因: 血液中の尿酸が過飽和の状態になると、関節軟骨や関節の滑膜に針状結晶として析出されます。

これが大変な痛さと腫れ、赤みの原因です。


診断: 確実な診断には発作中の関節の中に尿酸があることを証明する必要がありますが、

下記のような症状がそろっている場合には痛風としてよいでしょう。 

 1) 1〜2日で急速にピークに達する。 

 2) 関節のところが赤くなり、脹れて激痛がある。 

 3) 片足の親指の付け根に症状がでることが多いが、足首、手、膝などに起きることもある。 

 4) 血中の尿酸値が高い。


治療:
 局所の治療だけでなく、血中の尿酸値をコントロールすることが大事です。そして、

コントロールし続けることもお忘れなく。

    

56歳男性 N氏提供    尿酸値 9.8 (基準値 2.0−7.7)

とっても痛かったそうです。  見るからに痛そうですね。

でも今は薬を使って血中の尿酸値を正常に保ち、痛くなく幸せに暮らしています。




放っておくと、大きな塊になり、摘出手術をすることもあります。




通常の顕微鏡写真(ヘマトキシリンーエオジン染色)
ピンク色に無構造で割れ目の多いところが尿酸です。
それを囲む組織には反応性に白血球などの細胞が多くなっています。
人間の体の組織に自然に備わった防御反応でしょう。


トピックスへ戻る