トピックスTOPへ



topic 18
いろいろなやり方で 歩いてみよう

1960年代にサンフランシスコで働いていた時に、何回かカリフォルニア大学のバイオメカニクス

ラボを訪れた。ここは、数年前にインマン教授がボランティアの背骨に釘を刺して、鏡をつけて

歩行時の脚と体の重心の移動を研究した有名なところだ。簡単にまとめると、重心の移動する

軌跡は上下動、左右動ともに約4センチメートルでサインカーブを描くことがわかった。歩行分析の

古典的な論文はJBJS(Journal of Bone and Joint Surgery)に載っていた。サインカーブで歩ける

と、直線に次いでエネルギーロスが少ないのだそうだ。コンピューターがない時代では大変な

計算を要する研究だったろう。


10年以上前に、オアフ島のイヒラニビーチへ行った時のこと。日本航空のホテルの前のプールで泳い

でいたら、アテンダントの若い娘さんの歩き方が、颯爽として実に魅力的だった。しばらく眺めていたが、

どうしてあんなに綺麗に歩けるのか良くわからなかった。そこで、ビデオカメラで記録して、繰り返し

観察してみた。そしてわかったことは、格好いい脚を十分に前へ振り出して、最終点(一番前方へ到着

したところ)から、戻りつつある間に、胴体が前進し、脚の後振りと、胴体の前方移動が中和し、しかも

振り出して地面から離れた足が少し下がったところで着地するので、柔らかく自然に脚が地に付いて

いることがわかった。とても自然で気持ちよい歩き方だった。


というわけで、何時の間にか人の歩き方に非常に興味を覚えるようになった。僕は決して歩行分析の

専門家ではない。ここで、僕なりに考えた各種の歩き方を紹介してみよう。


1. 胴体の捻りと四肢の振りで歩く。上肢は肩からぶら下がっている感じ、脚は骨盤からぶら下がって

いる感じで歩く。先ず、例えば、右肩を前方へ出す。右肩の前方移動が終点に達したところで、腕は

自然に前方へ振り出される。右腕の振り出しと同時に左の骨盤を前方へ出す。そして、骨盤が最前方に

到着した時点で脚の前方振出しがスタートする。左足が最前方到着点から後方へ戻ってくるのと同時に

今度は左の肩が前方へ移動し、左肩からスタートするフェィズが始まる。

2. 今度は、後方の足が地面を離れるところで踵を軽く引き上げよう(或いは、踵をちょっとだけ上げて

みよう)。踵を上げることによって自然に膝が曲がり、従って脚長が短くなって、スムースに脚が前方へ

振り出される。年をとって地面のちょっとした出っ張りにつまずきやすい人は、この歩き方によって

つまずく頻度が減り、より安全に歩けるはずである。自分の靴の裏を見て前の部分が磨り減ってい

たら、気がつかないうちに軽くつまずいていた証拠と言えるだろう。また、膝が前へ出ると、胴体が

自然に前へ出るので、颯爽と歩けるようになる。

3. 次は、骨盤を前方へ出す時間を長くして、いつもよりもっと前方よりに進めてみよう。踵が中心線

より反対側に着地するようになるだろう。しゃれたファッションモデルの歩き方だ。

4.  既に、粗しょう症が進行して猫背になってしまった人は可なり特徴的な歩き方をせざる得ない。

出来るだけ背筋を伸ばす心算で歩くと、骨盤の前方が上がってしまう。従って、股関節の可動域の

前方部分で歩こうとすると後ろへ転んでしまう。最大に後方にしても、まだ腿(股関節と膝の間)は斜め

になっているので、膝を曲げていないと立っていられない。つまり、猫背のおばあさんのちょこちょこ

歩きになるわけだ。曲がってしまってからでは、間に合わない。有効な手段は予防あるのみ。

5.  背骨が曲がってしまった老人が速く歩こうと思ったら、胴体を前傾すれば、骨盤が正常な傾きに

なるので、若い人並みに大きな歩幅で歩けるはずです。但し、スタミナが足りないので長く歩くことは

難しいでしょう。


いかがですか? 皆さん、いろいろな方法を考えて楽しく歩いてみませんか?

トピックスへ戻る