トピックスTOPへ

       topic19

この題でニュースレター第20号を書いたのは平成13年のことだった。

月日のたつのは早いものだ。ちょっとづつ条件が違うが、同じ怪我の

患者さんが何と3人も来院した。一年前の夏に足首のねん挫をしてから

何だか
変だと言ってきた17歳のMさんの足首は前後左右にぐらぐら。

春に左足首に同じ怪我をして治ったと思ったら、今度は運動会のムカデ競走を練習

していて右足首の同靭帯を切った14才のHちゃん。もう一人は全く新しく同靭帯を

切ってしまった銀行員のKさん。手遅れのMさん以外は順調に治癒した。


  W前距腓靭帯断裂(足関節捻挫)”

13年9月に日本靴医学会が埼玉会館で開催された時に、一般人向けの特別講演があり、

奈良医大高倉教授の講演の最初にあげられたのが前距骨腓靭帯断裂だった。見逃される

ことが多い、そして後日の障害の大きい代表的な怪我ということだろう。俗に足の捻挫は

治りにくいといわれるのはこの靭帯損傷が無視されたからだろう。
 
昔は全部手術してつないだものだった。ところが、ある時、何かの都合で手術しないで、

ギプスだけで治療したことがあった。それで、手術しないでも治ってしまうことがわかった。


1996年日本整形外科学会総会で、日本足の外科学会前会長山本晴康助教授

(現在愛媛大学整形外科教授)が足関節外側の靭帯を手術しないで治療する方法という

講演をしたことがあった。過去の数々の報告をみると、手術しても、ギプスだけで治療しても

治療結果は大差ないとのことだった。 山本先生自身の研究によれば、レントゲン写真で

足関節の安定性を丁寧に調べると,手術した方が良い結果が得られるが、実際の歩きやすさ、

安定性については、むしろ手術しない方が良い成績が得られた。  


私自身は過去20年位の間手術しないで治療してきたが、殆ど問題なかった。


前距骨腓靭帯は足首の外側にあり、足首の前後の安定性を保つ重要な靭帯である。きちんと

治っていないと不安定性が残る。問題は見逃しが多く、また、見逃しが本人の将来の足の

機能に大きな影響を及ぼす。この靭帯に注意を払って診療しさえすれば、問題なく診断できる

ものである。治療はギプス固定6週間、その後リハビリテーションを真面目にやれば,殆ど

障害なく治る。若い成長期の患者さんの場合にはもっと短時間の固定で十分に治癒する。                                                     




トピックスへ戻る