トピックスTOPへ



topic 2(白石整形外科ニュースレター第7号より)
“変形性関節症”
簡単にいうと、二つの骨が接触して、動くようになっているところを関節といいます。接触
しているとはいっても、それぞれの骨の表面が露出しているわけではなく、軟骨に覆われて
います。軟骨は75%が水ですので、容易に変形して、クッションの役目をします。関節は
全体として関節包という袋に包まれており、中に関節液が溜まっており、軟骨の表面も関節
液で滑りがよくなっています。
関節軟骨が次第に老化してくると、クッション作用を失い、磨り減って、もともと軟骨の下
にあった骨が表面に露出してきたり、関節の角がだんだんに変形してきます。このような加
齢現象があり、その結果、膝が腫れてきたり、痛くなった状態を変形性関節症と呼びます。
一般には中年過ぎの人に見られますが、学生時代にスポーツをやり過ぎた人には、若いうち
(極端な場合には20代中頃)にこのような変化があらわれることがあります。
例えば、膝が変性してくると、初めの症状は歩く時の軽い痛み、階段を降りる時の痛み、関
節の腫れ、更に症状が進むと、関節の動きが悪くなり、正座も出来なくなります。放ってお
くと、次第に長い距離を歩けなくなってきます。早い内に、専門の整形外科医に相談して、
適切な指導と治療を受けると、意外にちゃんと歩けるようになるものです。この点に関して
は、いろいろな病院を回って、いろいろな治療を受けてきた患者さんとゆっくり話している
と、治療法によって治り方が全然違うことがあるのが良くわかります。
レントゲン写真上の変化としては、関節の隙間がせまくなり(軟骨が薄くなる為)、骨の表
面が凹になってきます。特に荷重を受ける部分の骨にカルシウムが増加して白く見えてき
ます。更に、一定の部分に長期にわたって圧力が続くと、その部に小さな穴が見られるよう
になってきます。また、骨の角のところに棘のように骨が尖って見えてきます。これを骨棘
(こつきょく)と呼びます。膝、股関節等の体重を支える関節に典型的な変化がよくみられ
ます。
老化現象だからどうせ治らないと自分できめてしまったり、或いはお友達にほっておけば治
ると言われて、長いこと我慢している方がおられますが、手術等の恐い治療をしなくても、
関節の炎症を抑えるだけで、痛みも腫れも良くなって、どんどん歩けるようになることが多
いのです。関節(特に、膝、股関節)が痛くなったり、腫れてきたら、手遅れにならないう
ちに、、早く適切な有効な治療を受け、必要によっては、生活態度全般を多少変えることも
大切です。
正常例
変形性膝関節症:
大腿骨、脛骨の両側に小さな骨棘があり、関節の表面が
わずかに不規則に見えます。
変形性膝関節症(進行例):
関節面が崩れて隙間(内側)が狭くなっています。


トピックスへ戻る