トピックスTOPへ



topic 20
”おかげさまで 開院 15年”
 平成4年4月4日に診療所を開いてから、早いもので、15年が過ぎました。皆様に

お愛顧いただいてまことにありがとうございます。


 ”気安く入れて、すぐ楽になる”をモットーに出来るだけ丁寧な治療をして参りました。


東京医科歯科大学、カリフォルニア大学関連病院、さいたま赤十字病院で働いて

いたころは、大好きな手術をしたり、いろいろな論文を書いて国内だけでなく海外の雑誌

にも投稿してみたり、楽しく働きました。


 地元に帰ってからは、チームを組んでするような仕事がなくなった代わりに、

治療している患者さんの結果、反応が直に伝わってくる喜びがあります。

腰や膝がとっても痛い患者さんは下向き加減で、そっと入ってこられます。

数回治療して徐々に痛みが軽くなってくると、堂々と上を向いて笑顔で歩いて

こられます。着ているものまで初日は灰色に近かったのに、痛みがよくなるに連れて

カラフルな服を着てこられるようになります。


 次第に知り合いの方から、或いは患者さん同志の紹介で来られる人が多くなり、

これが口コミというのだなーとわかってきました。ここ数年は長年こじれた患者さんが

訪れることが増えました。“今まで何年間も苦労してきたのだから、これから2〜3週間

,だまされたつもりで治療してみてごらんなさいよ。いろいろ試しているうちに

馬が合ってくると、大抵は治ってくるものですよ。”と僕自身が分かってきました。

正直に言ってしまうと、総合病院の外来で診療していた時には早く仕事を終わらせて

手術室に入る前に昼食の時間を作る(でないと夜11時まで食事をしそこねる)ことに

精一杯で、一人の患者さんを早く楽にしようと考える余裕はほとんどありませんでした。

それでも、偉い看護師さんに“白石先生は患者がぐずぐず言うのをちゃんと聴いて

答えているのだから、悪い先生だ。”と評価されました。


 自分の診療所では、マイペースで思うような治療をきちんとできるという利点があります。

骨折の治療だって画一的ではなく、一人一人に適合した治療をすることが許されます。

それぞれの患者さんにちゃんと説明しても、誰にも叱られる心配がありません。

無論、自分で出来ないことはそれに適した病院を選んで紹介します。


 おかげさまで、いつの間にか開院15年が過ぎてしまいました。その間僕が怪我したり

病気したりとさまざまな問題も起きましたが、皆様の(患者様、従業員)の温かいご協力で

大過なくここまでまいりました。これからも、前向きの姿勢で妻美智子共々仲良く働いて

いきますので、宜しくお願い致します。                白石 悟


追記 患者さんの時間と負担を増やさないために原則として、外へ処方箋を出しません。

ただし、特にご希望の患者さんには外来処方箋を書く用意があります。

トピックスへ戻る