トピックスTOPへ

   topic 21

   “肥満と変形性膝関節症”

近年、町を歩いていて、重そうな人を見ることが多い。特に,男の方でお腹の上の方が極端に

膨らんで、スイカをかかえている感じの人が目立つようになった気がする。これが今流行の

典型的な内臓脂肪症候群だろう。


どのくらい肥満の人が増えているのだろう? 男性の場合には、各年齢層で過去20〜30年間で

BMI 25以上の人の割合がほぼ50%増し、女性では、60歳以上では多少増加傾向があるものの、

それ以下では殆ど同じか逆に減少傾向さえ見られるのは少々意外だった。この分だと男性は

ますます短命になるのでは・・・


因みに、BMIとは体重(kg)を身長(m)で割った数字で、18.5〜25が標準的で、22がとてもよい

状態とされているようだ。


BMIと変形性膝関節症との関係を見ると、男性では標準体重で3%、BMI 30〜40では5%、

BMI 40を超すと10%と増えてくる。女性では、標準体重で5%、BMI 30〜40では10%、

BMI 40を越すと17%と明らか増加してくる。


BMI が25になると、高脂血症、高血圧症の発生率が二倍になることから、日本ではBMI 25を

越えると肥満といわれる。BMI 25以上でも特に問題なければ単なる肥満、健康障害を伴う場合

には肥満症と呼ばれる。肥満症に伴う問題としては糖代謝異常、高血圧、脂質代謝異常、

睡眠時無呼吸症候群、内臓脂肪蓄積などなど数知れずトラブルが発生してくる。


骨関節疾患の代表的なもののひとつとして有名な変形性膝関節症は体重の増加とともに増加する

ことが知られている。特に女性の場合にはこの傾向が顕著で、BMI 27を越すとBMI が更に1増す

毎に変形性膝関節症の発生率が15%増えるとの極端な報告もあるようだ。肥満が原因の関節症は

両側性に発生することが多い。体重の負荷によるもので、若いうちから体重が多い方が被害も大きい

のは当然だろう。紙に書いた字を消しゴムで消す時に、そっと擦るより、うんと押さえつけて擦る方が

早く字が消えるのと同じではないだろうか?そして、長期間擦っている方が良く消える。


体重の負荷により変形性関節症が促進される一方で、逆に体重減少による効果も期待できる。体重が

減少してもレントゲン写真での変性像が改善されることは殆ど期待できないが、症状は明らかに改善さ

れるのは周知の如くです。外来で患者さんを診ていて、ほんの3〜4kg程度の体重減少でも痛みが減り、

腫れも明らかによくなることが少なくありません。よかったら、お試しあれ。因みに、私は30才の頃に

サンフランシコで病院勤務中に3ヶ月で4.5kg減らし、今でもその体重を維持しています。15kgの荷物を

担いで登山しても、今のところ、膝痛なしです。


一般には、肥満症の治療は“言うは易く、行うは難し”。簡単に言えば、食事量を減らして、運動量を増やせば

よいわけですが、本当に根気よく続ける必要があります。実際の細かい食事制限の総論は内科の先生に

指導していただかなければならないし、各論は栄養士の先生のお世話にならざるを得ません。


運動に関しては、消費エネルギーを増やす、筋肉量を保つ、心肺機能を高めるなどを目的として、歩く、ジョギング、

自転車、水泳などが勧められますが、膝が痛い人の場合には膝に体重負担が少ない自転車、水泳がおすすめです。

要は飽きずに続けること。


該当すると思われる方は頑張ってみて下さい。ところで、英語で患者さんをpatient といいます。ついでに形容詞

patientは我慢する、辛抱するという意味だとご存じですか? つらいけれど、根気よくどうぞ。


     変形性膝関節症についてはtopic 2 変形性関節症”を参照してください。