トピックスTOPへ



topic 22
”腱炎、腱鞘炎”


骨と筋肉は体を動かす仕組みの基本です。

筋肉は骨に直接についているところと、間に腱を介してつながっているところがあります。


腱は白い紐のようなもので、極細の繊維が縦にびっしりと並んでおり、縦方向の張力に対しては

非常に強力です。腱を包んでいる鞘をを腱鞘と呼びます。


この腱の一部が炎症を起こして、太くなることがあります。

そして、腱鞘にはもともと皮膚の皺のところとか、狭くなっているところがあります。

腱を動かしている時に、腱の瘤(こぶ)が腱鞘の狭窄部に引っ掛かると止まってしまい、

さらに引っ張ると音がしてここを通過します。

この現象をスナッピング、トリガー、だん撥などと呼びます。

指の屈曲腱に起きることが多く、ばね指と言われます。

使いすぎた指に発生することが多く、主に大人に見られますが、小児にも稀にあります。

親指によく見られ、次いで中指、薬指に発生することが多いようです。


治療としては、まず安静、内服薬を使って様子を見る、特殊な当て木を使うなどありますが、

これで良くならなければ、腱鞘内にステロイド剤を注射してみます。それでもだめな場合には、

そのまま放っておくといつの間にか治ってしまうこともあります。手術で腱の鞘を切り開く方法は

簡単で成績がよく、患者さんに喜ばれることが多いのですが、手術を怖がる方もおられます。


特殊な腱鞘炎としてドケルバン腱鞘炎と呼ばれる病気があります。

手首の親指側で親指を伸ばす腱と手首を親指側へ曲げる腱が腱鞘のところで狭窄された

状態です。手首の親指側が腫れて、痛くなり、親指を動かしにくくなります。

仕事で親指を酷使する人、子育て中のお母さんに見られることがあります。

これも手首を固定する当て木、消炎剤服用、ステロイド注射、手術などで治療します。