トピックスTOPへ



topic 23

変形性関節症は治療できる老化現象です

 皆さんの周囲に膝のトラブルで困っている人は多いと思います。科研製薬が昨年9月に新宿で行ったアンケート調査(1175名)によると、中高年の人の六割以上は膝で困った経験があり、内77%は治療を受けずに我慢しているようです。

A)概念: 関節軟骨の磨耗、変性、それに伴う骨の変形による病気です。

B)症状: 始めは動かすと痛い。階段の下りで痛い。進行すると、歩くのも大変になります。膝の痛みは内側に多く、次いで後側にあります。だんだんに膝が腫れてきて、更に進むとO脚変形が明らかになります。

C)レントゲン変化: 下の二枚の写真を比べて見れば、一目瞭然でしょう。

    

       細かいことは説明しません。ご自分で見て探した方が、クイズみたいで楽しいでしょう。

D)治療: 1.安静。痛みを生じる動作を避ける。 でも、調子がいい時にはなるべく毎日歩きましょう。使わないと中高年の人の筋力は毎年1%落ちるといわれています。

2.理学療法:暖めたり、干渉低周波で治療したり、極超短波をかけたり、筋力強化をしたりetc. 

3.薬:副作用の少ない飲み薬がいろいろあります。最近は湿布も研究され、よく吸収されて充分な効果を期待できて、しかも副作用が少ない製品が使用可能となりました。

4.関節内注射:昔はステロイドホルモン剤がよく使われましたが、最近はマスコミで紹介されているようにヒアルロン酸ナトリウムの注射がよく効いて、とても評判がいいです。 

5.骨を切る手術、人工関節手術は優秀な成績が得られますが、なるべく避けたいですね。最終手段です。

E)まとめ:レントゲン写真上に高度の問題があっても、日常生活にほとんど困っていない患者さんも大勢おられます。レントゲン写真の変化に惑わされずに、楽に有意義な生活を送りましょう。もし、膝に大問題が起きた場合には、手術の上手な専門医を選んで、手術してもらうのが賢明です。