トピックスTOPへ



topic 3(白石整形外科ニュースレター第4号より)
“スキー骨折、いろいろ”
骨は、皆さんご存知のように、たいへん丈夫に出来ています。しかし、ある程度以上の外力
が加わると、折れてしまいます。例えば、スイスの骨折研究所の実験によると、大腿骨は、
縦方向には、800キログラムの力でも折れないのに、実際には、ねじれが加わると、遥か
に弱い力で折れてしまいます。何故でしょう? 大腿骨には重力によるストレスが、常時、
縦方向に加わっています。従って、大腿骨の微細構造は重力やそれに抗して働く筋肉の力に
対抗して、縦方向に加わる力には大変強くなっています。ところが、日常生活中に、強いね
れが加わることは少ないので、ねじれに対しては十分な強度が無いわけです。つまり、骨
は常時加えられるストレスに対抗して、それに対応する方向に強くなるわけです。逆にいえ
ば、いつも使っていなければ、骨はだんだんに弱くなっていくのです。言い換えれば、必要
に応じて強くなり、必要が減れば、その分だけ弱くなるわけです。
スキーの怪我としては、脛(膝と足首の間)の骨が折れるのがよく知られています。これを
レントゲン写真で見ると、ねじれて、螺旋に折れていることが多いのです。脛の骨も通常の
生活ではねじれが加わることが少ないので、スキーの先が雪にささって、脛にねじれが加わっ
た場合には、比較的簡単に折れてしまいます。最近の高さのある丈夫なスキー靴は縦にはしっ
かりしていますが、ねじれを十分に止めることはできません。また、ねじれが足首に集中し
た場合には、踝(くるぶし)の骨が折れます。
ちなみに、膝は屈曲している状態では簡単にねじれる構造になっています。従って、スキー
中は、しょっちゅう膝を曲げているので、膝の怪我も多い訳です。
脚以外にも手首、指、肋骨の骨折はよく見られます。変わったところでは、首や背骨の骨折
も、たまにあります。この場合には、背骨の中を通っている神経の損傷が心配です。
いずれにしても、スキーをして、怪我をしないためには、常日頃スポーツをやって、骨や筋
肉を鍛え、また、運動神経をよく訓練して、急な動きによく対応できるようにしておくこと
が大切です。また、不幸にして怪我をしてしまった時には、早く本当の専門医に診てもらう
事をおすすめします。“大丈夫ですよ”と言われた為に、数週間過ぎてから来院して、がっ
かりしている患者さんが少なくありません。思い当たる方がおられるでしょう。
追記: ここ数年間、スキーヤーが減り、代わってスノーボーダーが急増しています。ボー
ーの怪我の特徴は上半身に多いこと。特に手の骨折がよく見られます。また首と背中の怪
我が意外に多く、今年になって2ヶ月の間に、背骨の骨折が2名あり、ギプスを巻いて治療
中です。もう一人、肩の脱臼も非常に痛くて、しょげていました。私が診た最悪のケースは
首の怪我で、首から下が全麻痺になったボーダーでした。スノーボードはとても快適そうで、
僕もやってみたいと思いますが、こわいので遠慮しています。


トピックスへ戻る