トピックスTOPへ



topic 4(白石整形外科ニュースレター第3号より)
“レントゲンとって、大丈夫ですか?”
一口で言えば、殆ど影響ないといえます。私自身、医者の交流が多く、重症の患者さんが大
勢集まる中心的病院で30年以上仕事をしていましたが、診断の為のレントゲン線で患者さ
んに身体的な問題が起きた事を実際に見たことも聞いたこともありません。整形外科ではレ
ントゲンは非常に有効な検査法ですが、中には、副作用を大変気にする患者さんがおられま
す。当院では、開院以来、若い患者さんのレントゲン撮影時には、不要なところ、特に、腹
部には、鉛の覆いを掛けるようにしていました。最近の日本医師会雑誌の中に、東京大学医
学部放射線管理学助教授 草間朋子先生の診断用のレントゲン検査による副作用についての
献がありましたので、それを中心にして、説明してみたいと思います。
1.妊娠中にレントゲンをかけると、奇形児が生まれませんか? 危険なのは、受精して
から、2〜8週の間です。そして、胎児の被爆量が100mGy以上でないと、奇形児が生
まれる可能性はありません。実際には、整形外科領域で最大量になる腰椎の場合でも、この
百分の一くらいにしかなりません。あまり問題にしなくてもよいということでしょう。手や
足の検査に要するレントゲン線量は更に桁違いに少なくなります。それでも、心配な方は、
月経開始日から10日以内に検査をすれば、最危険時期以前になりますので、より安全とい
うことができます。
2.白血病になる心配はないのでしょうか? 広島、長崎の原爆被災者の中に白血病にかか
る人が多いということで、心配されているようです。白血病のみでなく、癌は放射線をうけ
なくても自然に発生してくるものです。原爆被災者を調査すると、200mGy以下の場合
には白血病発生率の増加は認められないそうです。整形外科で診断のためにかけるレントゲ
ン量は極めて少量(通常、0.01〜1mGy)なので問題になりません。
3.これから子供を作るところですが、遺伝的な影響はないでしょうか? 疫学的、統計
調査では、遺伝的影響は確認されないそうです。また、頭、首、胸、手足などの検査では、
配しなくていいようです。
4.放射線は体に蓄積するから怖いといわれますが? レントゲン検査をうけても、ごく
時間(十兆分の一秒))で消失してしまいます。


トピックスへ戻る