topic 5(白石整形外科ニュースレター第26号より)
“骨粗しょう症”
骨は体を支える組織であると共に、カルシウムの保存庫です。血液中のカルシウム濃度を
一定に保つために、骨から毎日一定量のカルシウムが血液中へ放出され、また、同量のカ
ルシウムが血液中から骨に沈着します。カルシウムは生命の維持に絶対に必要な物質です。
従って、何かの理由で、カルシウムの摂取量が少なくなっても、血液中のカルシウム濃度
を一定に保つ為、カルシウムは排出されていきます。結果として、骨のカルシウム量はだ
んだんにへってしまいます。この状態が骨粗しょう症と呼ばれます。特に女性の場合には、
閉経後に、女性ホルモンが急速に減少するので、その後10年間にわたって、骨量が急速
に減少します。また、若いうちに卵巣や子宮を摘出した女性では、早期に骨量減少が見ら
れます。
骨粗しょう症の初期には症状がありません。進行し、背骨が重力に負け、つぶれてくると、
猫背になり、身長が次第に低くなってきます。お年寄りの体を見れば、おわかりでしょう。
猫背になると、首が前へ出て、頭が下がり、骨盤が前上がりに傾くために歩幅が狭くなり、
ちょこちょこ歩きになります。また、腰痛に悩まされます。更に、骨が折れると、寝たき
りになったり、体が変形したり、いろいろと不便なことが起こります。困ったものです。
症状が出揃ってからでは、大変です。いろいろな治療で骨量を少しずつ回復させることは
出来ても、大幅に減少した骨量を若い時のように戻すことは出来ません。同年齢の人と比
べて骨量の少ない人は、出来るだけ早い時期にそれを知り、早く対策をとり、若いうちに
骨量を増やしておく事が大事です。しかし、保険制度では若い人の骨量測定は許されませ
ん。また、偉い先生方は若年の骨量の70%以下になったら、粗しょう症だとおっしゃい
ます。でも、30%も減り、年取ってしまってから、取り戻せるはずはないでしょう。手
遅れになる前に背骨のレントゲン写真を撮り、骨量を測定して、自分の真の状態を知って
おきましょう。
ここで、骨粗しょう症の治療法を紹介してみましょう。なお、予防も治療とほぼ同様だと
思っていいでしょう。
1.カルシウム:骨の材料ですから、当然、ある程度の量が必要です。毎日1000mg
  摂取を目標にしましょう。
2.ビタミンD:腸管でのカルシウム吸収、骨でのカルシウムの移動を促進します。
3.運動:運動による刺戟は骨形成に必要です。運動しないと、骨量が徐々に減ります。
  毎日運動しましょう。
4.カルチトニン:甲状腺からでる骨吸収を抑制するホルモン。年齢と共に減少するので、
  注射して補います。
5.女性ホルモン:とても有能で、いろいろな働きをします。骨粗しょう症の治療に非常
  に有効です。ただし、いろいろな副作用があるようで、女性ホルモンの使用に関して
  は、意見が分かれるようです。
6.ビスホスホネート:骨量増加、骨折予防に関して、女性ホルモンに次いで有効です。
  ただし、朝起きてすぐ服用して、30分間は食事、臥床不可という不便な点があります。
  
7.対症療法として、温熱、光線、超短波、マッサージ、飲み薬、湿布、座薬、コルセッ
  ト等が用いられます。上記のうち、1.カルシウム2.ビタミンD、3.運動が特に
  重要だと思います
正常例
軽度の粗しょう症
中等度の粗しょう症

高度に進行した粗しょう症
ひとつひとつの骨がつぶれているのが明らかにわかるでしょう




topic 11 ”年をとると何故上手に歩けなくなるのでしょう?”も是非見てください

トピックスへ戻る