topic 6(白石整形外科ニュースレター第2号より{平成7年10月9日}より)
“スポーツをすると、本当に、骨が強くなるだろうか?”
一言で言えば、運動すると、骨のカルシウム濃度は増加し、従って骨は強くなります。年をとっても、いつまでも丈夫な骨で健康に暮らしたいというのは万人の望みでしょう。運動すると、筋肉の力と重力により骨にストレスがかかります。骨はストレスに応じて、強く、折れにくくなってきます。いくつかの実例をあげてみましょう。
〇骨のカルシウム量を測定しているうちにわかったことは、右腕を主に使ってスポーツをやっている人の右腕はカルシウム量が多いということです。例えば、週に3〜4回テニスをやっていたUSさん(61歳)の右腕のカルシウムは同年齢の女性の平均値の97%、左腕は81%と16%も差がありました。
〇最近3年間に4人の女性バレリーナの足のレントゲン写真をとりました。共通な特徴は全員第2中足骨(親指の隣の細い指の根元にある長い骨)が異常に太く、厚いことです。トゥシューズで立つ時には主に2番目の指で体重を支えるのだそうです。細い指一本で全体重を支えると、物凄い力が極く小さいところにかかり、大変なストレスを受けることになります。長年にわたり繰り返すストレスの結果、骨が極端に太く、強くなった良い例です。
バレー歴10年、トウシューズ3年の女性。
〇仕事(たとえば、印刷屋さん)や趣味(たとえば、編み物をやっている人)で手を使っている場合にはカルシウム量は多めに出ます。
印刷屋さんの腕は、60歳近くなっても、カルシウムが多い。
〇働き者だったOHおばあちゃん(75歳)の右腕のカルシウム量は年齢平均の122%、ところが、5年前に脳卒中で自由に動かせなくなった左腕は86%と驚くほどの大きな差があります。使わないでいると、骨のカルシウムはどんどん減ってしまいます。

〇骨折をして、ギプスで固定していると、2〜3ヶ月の間に、急速にカルシウムが減少し、左右の手を並べてレントゲン写真をとると、誰が見てもわかるような左右差がでます。これも使っていなかった為でしょう。カルシウム測定によっても、左右差が見られます。

  トピック13 を見て下さい。骨の写真と骨量のグラフが載っています。

簡単に言えば、運動により繰り返してストレスを与えていると、骨はそのストレスに合わせてカルシウム量を増やし、微細構造を変えて、次第に強くなります。そして、そのストレスの方向に合わせて構造強化が行われます。逆に、使わないで静かにしていると、だんだんに弱くなってきます。


トピックスへ戻る