トピックスTOPへ



topic 7(白石整形外科ニュースレター第16号より)
“関節の脱臼と捻挫”
捻挫を馬鹿にしちゃだめですよ

骨折のことは皆さんよくわかっているでしょう。脱臼と捻挫がどう違うか、おわかりでしょうか? 専門家の間でも人によって少しずつ答えが違うと思います。

二つの骨が向き合って、お互いに動くようになっているところを関節と呼びます。場所によっては、三つの骨が関節を形成していることもあります。関節をつくる骨の表面は軟骨に覆われています。相対する軟骨面がよく滑るように、潤滑液が入っており、関節全体が関節包という袋で包まれています。これだけでは関節はぐらぐらで、使い物になりません。関節の周囲には靭帯という紐(ひも)のような物がついていて、二つの骨を結び付けており、一定の方向、一定の範囲だけしか動かないように制限しています。
関節の袋と靭帯が一部破れて、本来動ける範囲を越えて動いてしまい、相対する関節面がずれてしまったのを脱臼といいます。この場合、完全にずれてしまったのを完全脱臼、関節面は一部だけ合っているのを亜脱臼と呼びます。典型的な脱臼の場合には、一定の特殊な形になって固定されてしまい、ものすごい痛みがあり、動かしても、また脱臼した位置に(バネがあるみたいに)戻ってしまいます。
捻挫の定義はなかなか難しいのですが、簡単に言ってしまえば、脱臼と同じように、関節面が一度ずれてしまい、病院や診療所で診察した時には、すでに元通りに戻っていて、正常な位置関係になっているのを捻挫と考えればいいでしょう。関節の損傷部に一致して痛みと腫れが見られ、怪我(けが)をした時と同じ方向に無理に動かすと痛みが強くなるのが捻挫の特徴です。痛みや皮下出血がひどいこともありますが、レントゲン写真で骨折は認められません。“捻挫だから心配ないや。よかったなー。”と思って、放って置くと、靭帯が伸びたままで治ってしまうことになります。つまり、靭帯が十分に機能しなくなる為に、関節がぐらぐらして、いやーな痛みが残ることがあります。
当然のことながら、脱臼の治療は元通りに治して(整復といいます)、その位置で固定しておくことです。整復しただけで、放っておくと、靭帯、関節包が伸びたままになる為に、二度目の脱臼を起こしやすくなることがあります。大抵は、外から固定(ギプス等)しておけばすみますが、関節によっては、特別に大事な靭帯があり、問題になることがあります。例えば、膝の前十字靭帯断裂を放置すると、多かれ少なかれ障害が残るでしょう。
捻挫の治療も関節の袋や靭帯が切れている点は共通ですから、ある程度の固定は必要になります。最も特徴的な例は足関節捻挫の時の前距腓靭帯断裂でしょう。十分な外固定(ギプス)または手術をしておかないと、関節の不安定状態が残ります。テーピングによる固定はすぐに効果がなくなります。またサポーターは殆どの場合に固定不十分ですので、軽症の時にしか使い物になりません。スポーツ用のサポーターはスポーツをやりやすいように設計されているので、怪我をした関節の固定用には、原則として使えません。無論非常に軽い捻挫は放っておいても治ります。
“関節の怪我(けが)を馬鹿にしてはいけませんよ。” 捻挫だと云われて安心していて、23週後に来院された患者さんが、“レントゲン写真で骨折が無かったので、放っておいたのですが、まだ痛みます。”と言われます。レントゲン写真を撮りさえすれば、必ず骨折の有無が判明すると考えるのは自然ですが、間違いです。小さな骨折は撮影時の角度が10度違えば、全然見えなくなることがあります。初めにきちんと診察をしてどの方向で撮影すれば骨折が見つかりやすいかを調べてから撮影しないと、骨折の発見率に格段の差が出ます。怪我をした時にはきちんと診察を受けて、手遅れにならない内に治療を始めましょう。
小 指 の 脱 臼
  整 復 後




トピックスへ戻る