トピックスTOPへ



topic 8(白石整形外科ニュースレター第18号より)
“肩こり”肩が痛い、首が痛い、頭が痛い、背中が痛い。
読売新聞の日曜版に"日本人病“という題で、なかにし礼が肩こりのことを書いていた。肩こりという言い方は日本人特有の表現のようで、西洋にはそういう言葉は見当たらない。欧米人には肩が痛い、肩が硬いということはあるが、肩が凝るといういわく言いがたい感じはどうでもいいらしい。彼は、"肩凝りの原因は日本語にある。日本語は実に微妙、繊細、幽玄で,文法はどうでも良く、論理より対人関係を優先して、この日本語を操るから、肩凝りが起きる"と推測する。 うん。一理あるよね。
肩凝りって何だろう? 治るのかな?
うちの診療所を訪れる患者さんの中に肩こりを訴える人は意外と多い。肩こりを主な問題として来られる方ばかりでなく、膝や腰が痛いといって話しているうちに、"そういえば、もうずーっと前から肩が凝ってしょうがないんですが、何とかならないもんでしょうかねー?” と半ばあきらめたように仰る方が少なくない。正直なところ、今までの経験によると、整形外科で真面目に治療すると、肩凝りの患者さんの80%は完全に治ってしまうか、可なり楽になるようだ。肩凝りで困っている患者さんの場合には、“だまされたと思って治療してごらんなさいよ”と言って、手を変え品を変えて、いろいろとやってみると、2〜3週の内に軽くなってくることが多い。何年かにわたって困っていたのだから、2〜3週間かかっても、治ってきさえすればよかろう。
この短いニュースレターの中で肩こりを詳細に議論するのは無理だが、簡単には頸部の背骨から発生する痛み、凝り、痺れを考えてみよう。脳から全身へ向かう神経は脊髄(無数の神経の束だと考えてよかろう)になって背骨の中を通り胴体へ向かう。首には七つの骨があるが、其の各背骨の間から左右に神経が出て行く。首から出て行く神経が肩こりのところの筋肉に行ったり、更に腕から手へ行くことはよく知られている。ところが、これとは別に肩甲骨と背骨の間を下の方へ走る肩甲背神経というのがあることは意外と知られていない。背骨に変性(早く言ってしまえば老化)による変形が起きて、この肩甲背神経が刺激されれば、背骨と肩甲骨の間の部分に痛み、張りを感じることは想像できるだろう。また、首から頭の後を通り頭の上の方へ向かう神経を大後頭神経と呼ぶ。この大後頭神経がやられると、頭の後の方ばかりでなく、前の方まで痛くなって悩まされることがある。整形外科的に治療してみると、意外と簡単に治ってしまうことが少なくない。頭の骨の直下でこの神経を押してみて、頭の方へ走る痛みがある場合には、その位置に麻酔薬を注入すると即座に治ってしまうことがある。麻酔薬だから理論的には1〜2時間で痛みが戻ってしまうはずだが、実際には何日間も効果が持続することが多い。一回のブロック注射でほぼ全快してしまうことさえある。後頭神経ブロックと呼ばれる。便利な方法だ。また、肩こりを起こしている筋肉に直接に麻酔剤を注入すると可なりの効果を期待できる。注射が怖くない患者さんには試してみる価値は十分ある。とても喜ばれて、次回もう一度と所望される。
首の骨のレントゲン写真を撮ってみると、背骨が老化して変形し、神経が通る孔が狭くなっていたり、孔のところに尖った骨の出っ張りが見えることも少なくない。そうすると、本来脂肪に包まれて広い隙間をゆったりと通っている神経は、狭いところを無理に通っている間にその尖がりにつつかれて神経炎を起こし、頸肩手頭背に痛み、痺れが出てくるのは容易に理解できるだろう。治療によって、この神経炎を治してしまうことが出来れば、症状は改善されるわけだ。背骨の老化現象は老人に限らず、意外と若い人にも発見される。特に十代の頃に激しい運動をした人には早期に老化現象が見られることが少なくない。中学、高校の頃に一生懸命に器械体操、新体操をやった女性の首の骨には20代中頃で軽い老化の像が見つかることもある。無論、そんなことを説明すると、本人は超意外な顔をする。気の毒だが、自然の結果のようだ。
とういうわけで、肩こりにお悩みの方は是非一度お近くの整形外科で相談してみるといいと思う。2〜3週間いろいろな治療を試みるうちに、馬が合ってくると、自分で治りそうな気がしてくるものだ。数週間試したって、ひどい損があるわけじゃないし、“楽になれば儲け”という気持ちでやって見ると、思いのほか楽になってしまうものだ。困っている人は、騙された心算で、お試しあれ。
頚部側面 頚椎の下半に変性所見著明 (椎間が狭く、骨棘形成)
頚椎斜位 中央の三つの椎間孔は骨棘で狭くなっている 上下二個ずつは正常


トピックスへ戻る