トピックスTOPへ



topic 9(白石整形外科ニュースレター第8号より)
“肩関節周囲炎”

関節周囲炎は、難しく考えると 、人により医者により意見の違いがあり、さまざまな定義があります。一般的には、肩が痛くて、自由に動かせなくなる病気の総称と考えていいでしょう。もともと、五十肩は一般名でしたが、20年余り前に、札幌で東日本臨床整形外科学会が開かれた時に、講演をした人(私もその一人)と学会の評議員が投票をして、多数決で選んだ整形外科学会の正式病名です。

 

“肩関節周囲炎(五十肩を含む)”

 

 肩関節周囲炎は怪我や細菌感染などの特別な原因がなくて、肩が痛くなり、自由に動かせなくなる病気、すなわち腱板炎、肩峰下滑液包炎、石灰沈着性腱板炎、上腕二頭筋腱鞘炎等いろいろな病気が含まれています。五十歳に限らず、若い人にも年寄りにも(多くは、40歳から60歳)起こりますが、何歳で始まっても、五十肩という病名がつきます。怪我の治療中に同じような状態になることもあります。

 

普通は、筋肉の先端が腱と云われる細い紐のようなものになり、これが骨に付着し、筋肉が収縮した時に骨を引っ張ります。しかし、肩は例外で、腱が幅広い幕のようになって、主に前上後の三本の筋肉の腱膜が肩関節全体を包むような構造になっており、これを腱板と呼びます。中年以降に退行変性が起こった腱板にわずかな外傷が加わって,腱板に傷がつき、炎症が起きたのが腱板炎です。この腱板損傷の治癒過程で石灰が沈着すると、レントゲン写真で白い影が見えるようになります(石灰沈着性腱板炎)。また、腱板炎が隣接する肩峰下滑液包(肩の外側端の骨と上腕骨の上端との間にある粘液の入った袋)に及ぶと、肩峰下滑液包炎となります。上腕二頭筋(力こぶ)の腱とその鞘に炎症が起きると、上腕二頭筋腱鞘炎と呼ばれます。

 

肩関節周囲炎は上記のようにいくつかの病気を含んだ症候群ですから、細かく分けると、少しずつ治療が違ってきますが、全体として治療法の概念を簡単にまとめてみましょう。基本的には保存療法(即ち手術をしない治療)が行われます。低周波、干渉低周波、極超短波、ホットパック、SSP(針を刺さない鍼療法)などの理学療法、運動療法、消炎剤の内服、ステロイド剤、ヒアルロン酸ナトリウム、麻酔薬の注射、神経ブロック、湿布、塗り薬など種々の治療法を上手に組み合わせて、根気よく続けると、次第に肩の痛みが軽くなり、徐々に動きもよくなってくるものです。要約すると、なんらかの方法で痛みを軽くしておいて、根気よく、そーっと動かすと治ってきます。手術に至ることは殆どありません。実は、私も丁度五十歳の時に五十肩になりましたが、辛抱強く動かしていたら、後遺症なく治りました。

 

友達から、“五十肩だから、時間が来ないと治らないわよ。ほっとけばいいのよ。”と言われることが多いようですが、重大な違いは、治療したほうが早く痛みが減り、最終的に関節の動きが良くなるということです。出来るだけ早期に治療を始めるように気をつけましょう。


トピックスへ戻る